第3回たんぽぽ夏祭り

8月11日(土)スワンホールにて、こども療育センター主催の「たんぽぽ夏祭り」を開催しました。
たくさんの方にご来場いただきまして、ありがとうございました!

DSC09919

 

 

毎年先生たちは「喜んでくれるかな?」「どうしたらもっと楽しいだろう?」
「ママとパパと一緒にできるかな?」など、ワクワクしながら準備を楽しませてもらってます♪

 

 

さて、準備ができ、打ち合わせ後、いつもの・・・
「エイ、エイ、オオー!!!」

DSC09792

 

 

 

受付で名前を伝えると、“ひまわりカード”がもらえます。
カードをもらったら、スタート!
さあ、どこから行こうかな~

DSC09898

 

 

【お菓子つかみ】
カップをもらい、トング、またはお玉のどちらかを選び、
フタが閉まるまで、好きなお菓子を選んだ道具を使ってカップに詰めます。

 

 

自分で選択する!自己選択することも大切です。
お玉は手首の操作性、トングは掴む時の力加減、そして、目と手の協応がねらいに入っています。
みんな上手に山盛り入れてました~^^
お約束は、会場内では食べないこと!

DSC09915 DSC09869

 

 

 

【射的】
ビーンズバック、割りばし鉄砲、空気砲の中から選んで、的をねらいます。
割りばし鉄砲、空気砲は指先を使います。

 

ねらいを定めるのが難しかったかな?

DSC09787 DSC09842 DSC09922

 

 

【宝探し】
迷路を通ってスイカの種や砂浜の意思の中からヒントが書いてある紙を摘まみだします。
先生紹介コーナーのパネルの中から該当する先生を親子で探し当てます。

 

指先で紙を摘まんで・・・

DSC09791  DSC09912

 

漢字も使われているので、パパやママに聞きながら、先生を探し当てていました。

DSC09790 DSC09802

 

迷路はこどもたちにとっても人気で、「迷路もう一回やりたい」「3つ全部行けたで!」と
報告しにきてくれる子もいました^^

DSC09821

 

 

 

【工作】
親子で「くるくるレインボー」を作り、作ったおもちゃで遊びます。
ひとりで作るのはちょーっと難しかったかな~
パパやママに手伝ってもらいながら作っていました。

DSC09789 DSC09804 DSC09809

 

 

【自由遊び】
昨年好評だった魚釣りと、今年はブロック遊びが追加され、周りの椅子をサークル及び、
休憩場所として利用していただけるよう椅子を用意しました。

 

高く積み上げたり、トンネルやお家を作ったり。

DSC09788 DSC09834

 

 

【子育て相談】
今年新しくできたコーナーです。
入口から入って、すぐ右にありましたが、皆さんお気づきでしたか??

DSC09890 DSC09889

 

 

来年も楽しいんでいただけるよう、職員一同準備してお待ちしています^^

607-0

 

投稿者:望月

お礼( 深謝m(_ _)m )

以前ご紹介しました『リタリコ発達ナビ』で、当センターのページから、
ご利用者さまの声を届けていただきました!!

暖かいコメントをただいて、スタッフ全員感動していました。
嬉し過ぎて涙(感涙)。本当にありがとうございました。
心から深謝申し上げます。

コメントをくださった方には、レスが大変遅くなりましたことお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。
おそばせながら返事をさせてもらいましたので、よろしければ併せてご覧ください。

→→→コチラ

あじさい作り

先日は工作であじさいを作りました。
画用紙に付けている両面テープを剥がし短冊折紙をちぎり、はさみで葉っぱを切ります。
両面テープをすいすい剥がしたのはいいのですが・・・!!
手のひらにくっついてしまう子が続出!
片手で紙を抑え自力で剥がしたり、先生に手伝ってもらいながら剥がしたり。
次はくっつかないように気をつけ、工夫する子どもたちでした^^;
子どもの順応性や柔軟さはさすがです。

ブログ

短冊折紙をちぎる工程では、うまくちぎれない子には少し切れ目を入れてみるとちぎることができ、
子どもの「できた!!」を増やします!

ちぎったり、剥がしたり切ったりする事で指先の巧緻性を高めます。

2ブログ

できあがった作品を玄関に張ると、ムシムシした気候に負けない爽やかなあじさいが満開になり、
一気に涼やかな空気が広がりました。

IMG_2690

 

支援会議を行いました!!

6月に入り、蒸し暑い季節がやってきましたね!

 

久し振りのブログ更新となりますが、今回は先日行った支援会議の内容をお伝えしたいと思います!!

 

今回の支援会議では、3事業所からの事例を基に、子どもの行動とその対応方法についての討議をメインに行いました。

 

子どもの行動には必ずきっかけと理由があります。その行動の前後にある変化を見逃さずに察知し、子どもが必要とするサポートを行うことで、子どもの主体性を尊重できるのではないか…

 

ABAやムーブメントの基本の再確認も含め、支援・療育とはという基本に立ち返る内容でもありました。

 

具体的な事例のロープレ後、様々な状況や子どもの様子を想定し、日々の子どもたちとの関わりの中で気付くポイントを話し合いました。

 

”正解”がないからこそ難しくもあり、悩むこともありますが、話し合いや意見交換をする中で、また新たな気付きが得られたように思います。

 

子どもたちの力になりたい。
そのためにも、こういった支援会議を通して柔軟な視点を持ち、子どもたちとの触れ合いを楽しみながら関わっていきたいと思います(*^-^*)

 

 

伊藤・木原

保育所等訪問支援はじめました

2018年5月より、保育所等訪問支援を始めました。

 

まだご登録されていない方は是非、ご利用ください。

 
以前より、幼稚園、保育園、学校への訪問はさせていただいておりましたが、訪問先の先生方へ私たちの訪問の目的(児にとってのより良い環境づくりのための話し合い、連携のとれた一貫した関わり等)が伝わりにくく、なかなか門が空かないこともありました。
しかし、訪問支援を導入することにより、先方へも訪問の意図が明確になったことで、児への支援、家庭を含めた連携の充実が図られるようになりました。

 

既にご利用の方には、保育観察、教室観察から環境設定への介入も行います。
継続的に担任や、支援の先生方との連携を図ってまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

*ご利用の際には、市役所窓口で受給者証への書き換えが必要となります。

児童発達支援ガイドライン事業所評価について

平成29年度の事業所評価アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

以下、アンケート結果を公表させていただいております。

保護者様からのご意見・ご要望を真摯に受け止め、今後もより良い療育の提供に努めてまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

【保護者様からの事業所評価の集計結果】

 

アンケート2

※クリックしていただくと大きな画面でご覧いただけます。

 

 

事業所職員にもアンケートを実施し、自己評価を行いました。

保護者様へのアンケート結果と、職員アンケート結果を全職員で討議し、項目ごとに評価を行っています。

 

【児童発達支援自己評価表】

 

アンケート

※クリックしていただくと大きな画面でご覧いただけます。

公表に関しまして、ご質問等ございましたら、職員にお声掛けください。

ハロウィン遊び♪

11月になりました。寒くなってきましたが体調など崩されていませんか?

今回は10月のハロウィン遊びの様子をお伝えします。

みつばちで初めてのハロウィン週間ということもあり、「どんなことしよう?」「飾りはどうする?」など私たちもわくわくしながら準備をしてきました。

IMG_1423        【玄関】
IMG_1422  【活動部屋】

 

「こんにちわ~」と元気よく入ってくると子どもたちは、いつもと違う様子に気付きキョロキョロし、
「なんかぶらさがってる~」「あれなに~?」「タッチしたい~」と興味津々でした。

 

手洗いうがいがおわると始まりの会。
ここまではいつもと同じ流れですが、イスを片づけるといよいよスタート♪

 

 

 

~工作~
工作から始めまります。
こうもり・おばけ・かぼちゃの3種類から1つ選んでお面づくり。
ビニールの袋にお絵かきをしたりシールを貼って衣装づくり。
「大きいお家かこう!」「伝説のコウモリやねん」など思い思いにイメージを膨らませて描いたり、自分の好きな色で色塗りを楽しみました。
できあがった手作り衣装を着たら、さあ次の活動です!!

IMG_1450IMG_1661

 

 

 

~感覚遊び~(触覚)

『ゼラチンゼリー』『水溶き片栗粉』『片栗粉』の3つの触覚を楽しみました。

 

 

《ゼラチンゼリー》
ゼラチンゼリーの中に入っているピンポン玉を手やお玉を使って取り出します。
「ぷるぷるしてる~」「つめた~い!」など色々な声がきこえてきました。
どんな感触かわからないので、初めは友だちの様子を見ていたり、直接触れずお玉ですくってみたりしていましたが、遊んでいるうちに 手で 触り→掴み→握りと、ゼリー独特の感触を楽しんでいました。

IMG_1519IMG_1674IMG_1687

 

 

《水溶き片栗粉》

水で溶いた片栗粉の中にビー玉や車のおもちゃが入っています。
手を入れるとトロトロとした何とも言えない感触。
手のひらに乗せて動かしてる間は固めて丸めたり、握ったり、団子も作れますが、じっとしているとトロ~と溶けて流れ落ちていきます。
「気持ちいい~」「手がしずむ!」など、ゼリーとはまた違う感触を楽しんでいました。
私はこの水溶き片栗粉は、硬さやトロトロ感、冷たさや生ぬるさなど、いろんな感触を味わえました♪
IMG_1683IMG_1568IMG_1566IMG_1597

 

 

《片栗粉》

片栗粉の入った箱の中から〇・△・□などの積み木を隠します。
粉の中から形を探したり、山を作ったり手を隠したり・・・いろいろ楽しみました。
IMG_1676IMG_1637

初めはお玉や紙コップなどで少~しだけ、そ~っと触り感触を確かめ、慣れてくるともう夢中です。
夢中になるとどれだけ手が粉まみれになっても気にならなくなり、道具なしでも触れるようになりました。

3種類の感触はそれぞれ違った感覚で、
子どもたちも先生も一緒に楽しめたのではないかと思います。

帰る前に先生からプレゼントが配られると
「何はいってるの~?」とみんなの目はキラキラ♪
「お家に帰ってからみてね」の約束を、みんな守ってさようならをしました。

 

感覚を統合していく遊びは発達には不可欠です。
感覚遊びをした後の子どもの表情は心も体も満たされた様子がうかがえます。

 

いつものスケジュールとは違いましたが戸惑う子も少なく、それぞれが楽しんでいました。

 

12月には‘‘クリスマス週間‘‘があります。
「どんなことしよう?」「こんなのどうかな?」など話し合い楽しそうな活動の計画を立てています。楽しみにしていてくださいね~♪

投稿者:四元

平均台

10月になり、肌寒くなってきました。
幼稚園、保育園の運動会も終わった頃かなと思います。
「リレーで走るねん♪」「パラバルーンするねん」と
運動会の練習の様子やプログラムを教えてくれる子どもたち。
みんなの頑張りが伝わってきました。

 

今日はムーブメントで使っている『平均台』を紹介します。

 

《平均台》
平均台の活動に関するコメントは、連絡帳にもよく出てくると思います。
それほど出番の多い平均台。
よく小学校や体操教室で見かける物とは違い、床に置いて使うため高さは低く、素材は軽くてほんの少し弾力のある滑りにくいEVAというものです。(繋ぎ合わせてフロアに敷くEVAマットと同じ素材)

IMG_1418
みつばちでは8本の平均台を

 

繋げたり・・・
IMG_1417
(1本橋)
IMG_1416
(2本橋)

 
並べたり・・・
IMG_1419
(線路)

 

重ねてみたり・・・
IMG_1421
(階段)
IMG_1245 見てください!足の指。グッと踏ん張りバランスをとりながら重心移動しています。そして手や進行向、足元、いろんなところに注意を向けて進んでいきます。固有受容感覚を養ってますよ~(((o(*゚▽゚*)o)))

 

今日ご紹介するのは「またぐ」動きの一例です。

 

 

膝を上に突きあげ、足を前に出してまたぐ。
後ろの足は、台にひっからないようにあげてまたぐ。
またぐ”高さ”や”幅”に変化をつけたり、身体の向きを変えたり、またぎ方にも工夫を加えます。

 

足や膝をあげて片足立ちになり(バランス)、足をあげてその形をキープする(固有受容感覚)、左右交互の動きをする(左右運動)、またぐ時の高さや距離感(空間把握・ボディーイメージ)など「またぐ」という活動でさまざまな感覚機能を存分に働かせています。

IMG_1412IMG_1410

 

高さが苦手なお子さんには、段差がなく幅の広いものから取組みます。
いよいよ段差のある活動にデビューしたら、ほんの少しの補助(先生の肩や壁を持って)が、ある中で
頑張っています。
平坦から段差へ→1段(補助あり)→1段(補助なし)→2段→3段、と
徐々に段階を経て「できた!」を感じ「次もやってみよう!」の意欲に繋げることを大切にしています。

 

これからも新しい動きを取り入れムーブメントの特徴でもある『変化のあるくり返し』をみんなで”ワクワク・楽しい”と感じながら取り組んでいきたいと思っております。

 

10月23日~27日はみつばちのハロウィン週間です。
感覚遊びを中心にみんなで楽しめることを準備しています♪
ご不明なこと、質問などがありましたらいつでもきいてください♪

投稿者:四元

 

 

 

 

大玉ころがし・綱引き。

9月になりました。暑さも少しづつ和らいで秋の風を感じるようになりました。

 

始まりの会では、日にち、曜日、季節や天気をみんなで確認します。
9月になり、季節を「秋」に変えると「変わってる~」「りんごととんぼと葉っぱ~」と絵カードをみた子どもたちは、変化に気づき口々に教えてくれます。

 

今回はムーブメントの様子をお伝えします。
幼稚園、保育園などでも運動会の練習が始まっている頃です。ムーブメントでも玉入れや大玉ころがし・綱引きなど、幼稚園や保育園で馴染みのある活動を取り入れています。

 

 

【大玉ころがし】

 

大きなバランスボールを手で押して転がします。
平均台の1本橋の上や、ジグザグの道をボールを押し進み、一周まわったら次の友だちとタッチ交代です。
近付きすぎると手や足がボールにぶつかりつまずいたり、力が強いとボールが先へ転がったりします。
ボールを押す時に目でボールとの距離をはかりながら手で力加減をして進むという手と目の協調運動(協応運動)をしています。
IMG_1207 IMG_1210 IMG_1347

 

 

【綱引き】

 

赤チーム青チームに別れてロープを引っ張ります。
ロープを引っ張れるようにしっかり握れたら先生の合図を待って「よーい・・どん!」の合図で引っ張ります。
体は前を向き、後ろへ引っ張るというのが難しい時もあるようで、どっちへ引っ張ったらいいかわからなくなる時もあるようです。先生が子どもの手を上から握って一緒に引っ張り、「引っ張る」という感覚を感じられるようにしたり、後ろから引っ張りどっちに引っ張ったらいいか感じられるようにしています。
自分が力を入れて引っ張ることでロープが動き、相手が動く・近づいてくるということを感じられるように声かけやサポートをしています。
力が均衡してなかなか終われそうにない時は「10・9・8・・・1・0!」と10秒カウントします。「どっちも強いね~!」と声をかけるとにこにこ顔で「もう1回!」という子どもたち。

IMG_1348IMG_1349

季節の変わり目や運動会の練習などで生活リズムがかわり体調が崩すこともあると思います。しっかり食べて、しっかり寝て体調を整えて元気にみつばちへきてくださいね♪

 

書き込み者:四元(yotsumoto)