水遊び週間

8月になりました。みつばちへ来る子どもたちも汗をいっぱいかきながら元気に来ています。
7月8日(月)から7月12日(金)の一週間、親子水遊び週間でスカイパークで水遊びを楽しみました。参加していただきありがとうございました。お天気が悪くて室内での親子ムーブメントの日もありましたがみんなでたくさん遊びました。

スカイパークで集合したあと、先生やお父さん・お母さんと一緒にあそぶことなど約束をしたあと遊び始めました。
滑り台や網の大きな迷路など、身体をたくさん動かして遊びました。

IMG_5061IMG_5003
そのあとみんなで噴水へ移動。
水がたくさん出ているのをみると早く行きたくてみんなソワソワ。
水着に着替えたあと、噴水の中へ入って「キャー!」「つめたーい!」などいいながら遊んでいました。
水風船や水鉄砲なども使い水の感触を味わい、楽しめたかなと思います。

IMG_5024IMG_5053IMG_5084IMG_5022

室内での親子ムーブメントではいつもムーブメントで使っている道具をだして親子で活動しました。
写真はカゴそり、ゆらんこ、バランサーをつかっています。

IMG_5127IMG_5095IMG_5138IMG_5132

 

親子遊びではいつもと違う子どもたちの様子や表情を見ることができ、私たちもとても新鮮で楽しかったです。
これからもみつばちで子どもたちがどんなことに取り組んでいるのか、どんな活動をしているのか伝えていけたらと思っています。

 

まだまだ暑い日が続きますが体調を崩さないように元気に過ごしてくださいね!!

避難訓練

5月22日(月)から5月24日(金)の1週間、避難訓練で午後クラスはみつばちの向かい側にある西桑津公園まで行きました。

 

始まりの会で、
①火事の避難訓練をすること
②「火事だ~!」の声で先生の近くに集まること
③逃げる時は煙を吸わないように口に手をあてること
など、みんなで話し合い確認しました。

 

幼稚園などで避難訓練をしたことがある子は「口の手をあてるんやで~」など、
逃げ方を教えてくれました。

 

 

ムーブメントの途中で「火事だー!」の声を聞き、先生の周りに集まって玄関で靴をはきます。
「公園へ着くまでは先生と手をつないでいくよ」とみんなで確認したあと歩いて出発しました。
信号を待っている時も先生と手をつないで待って、青になると横断歩道を渡って公園に到着しました。
始まりの会でのお約束をひとつひとつ確認しながら、しっかりと行動できました。

IMG_4594IMG_4596

 

公園のベンチに座り、手をつないで避難できたことをみんなで振り返りました。
そのあとは公園の遊具で少し遊んでからみつばちへ戻りました。

IMG_4692IMG_4658

 

私たちも日頃から、避難経路の確認、手順の確認をしながら、
いざという時のための安全確保への意識を持ち、
非常時にはスムーズに避難ができるよう備えていきます。

 

保護者の皆さまにも、避難訓練週間にご理解いただきありがとうございました。
またお家でも話し合う機会をもち、確認して頂けたらと思います。

 

 

新年度。

新年度が始まり、1か月がすぎました。
午前クラス、午後クラスともみんなで楽しく体をたくさん動かして活動しています。

IMG_4294 IMG_4365

4月の壁面をみんなで作りました。
コーヒーフィルターに絵の具で色付けします。
色が混ざり合う様子や色がにじんで広がっていく様子をみて「キレイやな~」「混ざってる!!」など色々なことに気づき、楽しめたようでした。
今月は手形のスタンプでこいのぼりを作っています。素敵なこいのぼりができています。完成したら玄関に飾りますのでまた見てくださいね♪

 

今年度も「やってみたい!」「楽しそう!」を大切にしながらみんなで色々な活動をしていきたいと思います。

 

平成30年度事業所評価表の公開について

平成30年度の事業所評価アンケートにご協力くださいまして、誠にありがとうございました。

お知らせしておりました通りアンケート結果を公表させていただきます。

 

保護者様からのご意見、ご要望を真摯に受け止め、今後もよりよい療育を提供できるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

保護者様へのアンケート結果と、職員会議での事業所の自己評価を基に、職員全員で現状把握・改善点等討議し、項目ごとに評価を行っております。

 

【事業所の現状、保護者等からの事業所評価の集計結果、保護者等からの評価を踏まえた改善点】

2018自己評価表 みつばち

 

※クリックしていただくと大きな画面でご覧いただけます

 

公表に関しまして、ご質問等ございましたら、職員にお声かけください。

 

 

投稿者:川崎

 

第3回たんぽぽ夏祭り

8月11日(土)スワンホールにて、こども療育センター主催の「たんぽぽ夏祭り」を開催しました。
たくさんの方にご来場いただきまして、ありがとうございました!

DSC09919

 

 

毎年先生たちは「喜んでくれるかな?」「どうしたらもっと楽しいだろう?」
「ママとパパと一緒にできるかな?」など、ワクワクしながら準備を楽しませてもらってます♪

 

 

さて、準備ができ、打ち合わせ後、いつもの・・・
「エイ、エイ、オオー!!!」

DSC09792

 

 

 

受付で名前を伝えると、“ひまわりカード”がもらえます。
カードをもらったら、スタート!
さあ、どこから行こうかな~

DSC09898

 

 

【お菓子つかみ】
カップをもらい、トング、またはお玉のどちらかを選び、
フタが閉まるまで、好きなお菓子を選んだ道具を使ってカップに詰めます。

 

 

自分で選択する!自己選択することも大切です。
お玉は手首の操作性、トングは掴む時の力加減、そして、目と手の協応がねらいに入っています。
みんな上手に山盛り入れてました~^^
お約束は、会場内では食べないこと!

DSC09915 DSC09869

 

 

 

【射的】
ビーンズバック、割りばし鉄砲、空気砲の中から選んで、的をねらいます。
割りばし鉄砲、空気砲は指先を使います。

 

ねらいを定めるのが難しかったかな?

DSC09787 DSC09842 DSC09922

 

 

【宝探し】
迷路を通ってスイカの種や砂浜の意思の中からヒントが書いてある紙を摘まみだします。
先生紹介コーナーのパネルの中から該当する先生を親子で探し当てます。

 

指先で紙を摘まんで・・・

DSC09791  DSC09912

 

漢字も使われているので、パパやママに聞きながら、先生を探し当てていました。

DSC09790 DSC09802

 

迷路はこどもたちにとっても人気で、「迷路もう一回やりたい」「3つ全部行けたで!」と
報告しにきてくれる子もいました^^

DSC09821

 

 

 

【工作】
親子で「くるくるレインボー」を作り、作ったおもちゃで遊びます。
ひとりで作るのはちょーっと難しかったかな~
パパやママに手伝ってもらいながら作っていました。

DSC09789 DSC09804 DSC09809

 

 

【自由遊び】
昨年好評だった魚釣りと、今年はブロック遊びが追加され、周りの椅子をサークル及び、
休憩場所として利用していただけるよう椅子を用意しました。

 

高く積み上げたり、トンネルやお家を作ったり。

DSC09788 DSC09834

 

 

【子育て相談】
今年新しくできたコーナーです。
入口から入って、すぐ右にありましたが、皆さんお気づきでしたか??

DSC09890 DSC09889

 

 

来年も楽しいんでいただけるよう、職員一同準備してお待ちしています^^

607-0

 

投稿者:望月

お礼( 深謝m(_ _)m )

以前ご紹介しました『リタリコ発達ナビ』で、当センターのページから、
ご利用者さまの声を届けていただきました!!

暖かいコメントをただいて、スタッフ全員感動していました。
嬉し過ぎて涙(感涙)。本当にありがとうございました。
心から深謝申し上げます。

コメントをくださった方には、レスが大変遅くなりましたことお詫び申し上げます。
申し訳ございませんでした。
おそばせながら返事をさせてもらいましたので、よろしければ併せてご覧ください。

→→→コチラ

あじさい作り

先日は工作であじさいを作りました。
画用紙に付けている両面テープを剥がし短冊折紙をちぎり、はさみで葉っぱを切ります。
両面テープをすいすい剥がしたのはいいのですが・・・!!
手のひらにくっついてしまう子が続出!
片手で紙を抑え自力で剥がしたり、先生に手伝ってもらいながら剥がしたり。
次はくっつかないように気をつけ、工夫する子どもたちでした^^;
子どもの順応性や柔軟さはさすがです。

ブログ

短冊折紙をちぎる工程では、うまくちぎれない子には少し切れ目を入れてみるとちぎることができ、
子どもの「できた!!」を増やします!

ちぎったり、剥がしたり切ったりする事で指先の巧緻性を高めます。

2ブログ

できあがった作品を玄関に張ると、ムシムシした気候に負けない爽やかなあじさいが満開になり、
一気に涼やかな空気が広がりました。

IMG_2690

 

支援会議を行いました!!

6月に入り、蒸し暑い季節がやってきましたね!

 

久し振りのブログ更新となりますが、今回は先日行った支援会議の内容をお伝えしたいと思います!!

 

今回の支援会議では、3事業所からの事例を基に、子どもの行動とその対応方法についての討議をメインに行いました。

 

子どもの行動には必ずきっかけと理由があります。その行動の前後にある変化を見逃さずに察知し、子どもが必要とするサポートを行うことで、子どもの主体性を尊重できるのではないか…

 

ABAやムーブメントの基本の再確認も含め、支援・療育とはという基本に立ち返る内容でもありました。

 

具体的な事例のロープレ後、様々な状況や子どもの様子を想定し、日々の子どもたちとの関わりの中で気付くポイントを話し合いました。

 

”正解”がないからこそ難しくもあり、悩むこともありますが、話し合いや意見交換をする中で、また新たな気付きが得られたように思います。

 

子どもたちの力になりたい。
そのためにも、こういった支援会議を通して柔軟な視点を持ち、子どもたちとの触れ合いを楽しみながら関わっていきたいと思います(*^-^*)

 

 

伊藤・木原

保育所等訪問支援はじめました

2018年5月より、保育所等訪問支援を始めました。

 

まだご登録されていない方は是非、ご利用ください。

 
以前より、幼稚園、保育園、学校への訪問はさせていただいておりましたが、訪問先の先生方へ私たちの訪問の目的(児にとってのより良い環境づくりのための話し合い、連携のとれた一貫した関わり等)が伝わりにくく、なかなか門が空かないこともありました。
しかし、訪問支援を導入することにより、先方へも訪問の意図が明確になったことで、児への支援、家庭を含めた連携の充実が図られるようになりました。

 

既にご利用の方には、保育観察、教室観察から環境設定への介入も行います。
継続的に担任や、支援の先生方との連携を図ってまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

*ご利用の際には、市役所窓口で受給者証への書き換えが必要となります。