くもの巣をまたぐ・くぐる

 

ゴムひものくもの巣を使ったムーブメントの様子を紹介します☆

 

 

はじめに、くもの巣の端をみんなで持ちます。

 

ビヨ~ンと伸ばして広がったり、緩めて真ん中に集まったり、

タイミングを合わせてゴムひもの伸び縮みを楽しみます(^^)

 

DSC04126

 

 

 

 

今度は、ゴムひもを握ったまま座ります。

 

DSC04129

 

 

ゴムひもをまたいで、「〇〇ちゃんと〇〇先生の間」と、指定されたところまで歩いていきます。

 

指定された場所に着いたら、再びゴムひもをまたいで先程居た自分の場所に戻ります。

 

ひとりずつ順番に行くので、順番を待つお友だちはゴムひもをしっかり握って伸ばし、お友だちの応援!

 

 

 

順番が決まったら、スタート!

足元をよく意識して、引っかからないように歩きます。

 

DSC04132

 

 

指定された場所に行くために、次はどの穴に足を入れるのか、

しっかり見ながら考えてまたぎます。

DSC04136

 

 

またぐときに片足立ちになるので、バランス力が必要です。

DSC04131

 

 

 

楽しそうだけど、一人では不安・・・というお友だちは、先生と手を繋いで♪

 

DSC04138

 

みんなから「すごい!」「よく見れてるね!」と言われると、とってもいい笑顔に(*^▽^*)

何度か繰り返すうちに、「できるんだ!」「楽しい!」ということがわかると、

積極的に一人でも行けるようになりました☆

 

 

 

順番を待つときは、しっかりゴムひもを握って、

お友だちの動きを目で追ったり、「頑張れ!」と応援してくれていました♪

握力・順番を待つこと・協調性・他者意識などが高まります。

DSC04147

 

 

 

次は、くもの巣の下をくぐります。

 

はじめはくもの巣に引っかかったり身体が当たっていた子も、身体が当たらないようにくぐるにはどれくらい身体をかがめればいいのか、頭を下げればいいのかなどが、段々わかってきます。

 

ボディイメージや空間把握力を高めます。

 

DSC04160DSC04151

 

 

くもの巣がどんどん低くなっても、こんなに小さくなってくぐれました!

DSC04162DSC04152

 

 

 

自分の思い通りに身体を動かすためには、ボディイメージを高めることが必要です。

 

ボディイメージが未熟だと、物や人によくぶつかったり、転びやすかったり、身体の動きがぎこちなかったりします。

 

自分の身体の大きさや手足の長さがどれくらいなのか、どれくらい曲げ伸ばしができるのかなどを知ることで、ぶつかる・転ぶようなことが少なくなったり、身体の動かし方がわかるようになりぎこちなさが軽減します。

 

またぐ・くぐるという活動は、自分の身体を意識する・ボディイメージを高めるためにとっても大切です☆

 

子どもたちが楽しみながら、できた!をたくさん経験できるよう、職員も一緒に楽しんで活動しています(*^^*)

 

投稿:上田

 

 

第二回 たんぽぽ夏祭り!

7月29日(土)スワンホールにて、夏祭りを開催しました。
今年もたくさんお越しいただき、ありがとうございました。

 

 

夏祭りの様子をご紹介します!
DSC_1847

 

 

 

 

DSC_1835 DSC03571 DSC_1837
「去年どうしたっけ?」「もっと右!」「目印あった方が子どもたちわかりやすいよね~」
などなど、 先生たちは準備からとっても楽しんでいました^^

 

 

 

たんぽぽ・みつばち・Aiの先生たちは、準備万端!気合十分!!

 

 

 

DSC03573 DSC03575 DSC03576
打ち合わせ後、恒例の(2回目ですが^^) 輪になって、エイ、エイ、オ~~~!

 

 

 

今年もたくさんのブースを準備しました!

DSC03577
まず、受付で子どもたちは自分の名前を言います。
スイカのスタンプカードをもらって、スタート!!

 

 

 

 

ブースのご紹介♪
一つ目は、「ようかいをたおせ」

DSC03546 DSC03547
ルール:線からスタートし、蹴り倒す! 組み立てて元に戻します。

 

 

DSC03584 DSC03585 DSC_1892 DSC03622

歩幅を合わせて、蹴るのも難しいんです。
絵に合わせて箱を上へ積み重ねていきます。
どんな絵だったかなぁ~?長い首がつながってるかなぁ~?

 

 

 

 

二つ目は「ストラックアウト」

DSC03565 DSC03561
ルール:的をよ~く見て、線から出ないように、ビーンズバッグを「エイッ!」と投げ当てます。

 

 

DSC03624 DSC_1862 DSC03594
身体の操作性(使い方)がぎこちなかったり、腕を上から振り下ろすことが難しかったり、課題が見える子もいます。
たんぽぽでは「できた!」と達成感を味わってもらうことを大切にしています。
なので、線から前へ出てもOK☆

 

 

 

 

 

三つ目は「あめつかみ」
DSC03560  DSC03578 DSC03627 DSC03608

ルール:お玉やトングを使って、紙コップに入れます。蓋が閉まればOK!
お玉は手首の操作性、トングは掴む時の力加減、そして、目と手の協応がねらいに入っています。
みんな上手に山盛り入れてました~^^

 

 

 

 

 

 

 

四つ目は「こうさく」
DSC03555 DSC03556 DSC_1873
ルール:工作の受付で、魚かタコどちらの風鈴を作るか選び、材料をもらいます。
空いている席に座って、スタート♪

 

 

DSC03639 DSC03641 2017-07-29 13.42.45 DSC_1900

自分で選択することでやり遂げることができ、そして座って一つの事を行う集中力も必要です。
パパ&ママと協力して作ったり、小学生はサクサク進めてあっという間に作っていました^^

 

 

DSC_1867 DSC_1872
工作ブースは大賑わいでしたね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

五つ目は「たからさがし」

DSC03554 DSC03599
ルール①:箱の中に手を入れて、紙の入った丸いケースを1個選びます。
紙には先生に関する質問が書いてあります。
DSC03551 DSC03602 DSC03590 DSC03597
ルール②:質問の答えを、ボードの中から探し出します。
ここでは親子で協力してもらうために、あえて漢字が使われています^^
読めないカタカナや漢字はパパ&ママに聞きながら・・・

 

 

DSC03626 DSC03604
ルール③:さぁ、質問の答えがわかれば、先生を探して、引換券と交換です♪

 

 

 

 

 

 

好きなコーナーでもう一回遊び、全てスタンプを押してもらったら、
出口で宝探しでゲットした引換券を渡すと、おもちゃが選べます♪

DSC03628 DSC_1876 DSC_1877
最後に好きな色のメダルを選んで、おしまいです☆

 

 

 

 

2017-07-29 11.06.40
今年は土曜日だったこともあり、パパにもご参加いただき、ありがとうございました。
子どもたちの嬉しそうな笑顔を見ることができて、私たちもとっても幸せに感じました。
来年も7月の最終土曜日を予定しておりますので、みなさんのお越しをお待ちしております♪

2017-07-29 15.41.36

 

 

書込み者:望月(mochizuki)

 

手指が動くって?

 

今日は幼児の手先の発達についてたんぽぽではどんな取り組みをしているかをお伝えしていこうと

思います。

手先が器用に動くためには 肩→肘→手首→指の順番で発達していくと言われています。

まず肩の動きを大きく回す動作にフープ―を使ってのたんぽぽ体操があります。

未発達の間は肩を回す事が小さく(可動域が狭い)ので円を描く様にフープを回すのは難しく

最初は回すって?大きくって?と子どもたちの頭の中はハテナ(?_?)?でいっぱいです。

フープを身体の前で小さく動かすだけになったり、体にくぐらせて回そうとしたり、左右や上下の単純な動きになりがちです。

模倣を繰り返すうちに肩が大きく動く様になり、腕や手首の捻りもできるようになり、下半身では膝の曲げ伸ばしもできるようになりました。

 

そして両手を使ってフープをえいっ!コロコロと見事に左右両手を使って転がす事も\(^o^)/

 

DSC02811   DSC04013          DSC03969

私たち人間は道具を使う事で手の機能をより高めていく事ができます。

指先を使い洗濯バサミを取ったりつけたりする作業でも初めは、力づくで引っ張り取ろうとしたりしてしまいます。

親指と人差指で挟むのは指先の巧緻性を必要とします。

動物の顔の周りに洗濯バサミをつけてライオンの出来上がり!次は何の動物ができるかな?(^▽^)/

DSC03971     DSC03973

あれ?うちの子お箸が…ハサミが…上手く持てない。と思われた時そこだけに目を向けるのではなく

肩、肘、手首はどんな動きをしているかなと観察してあげるのも一つの方法だと思います。

私たち療育者も子どもに関わる時に大きな視野を持ちアプローチしていく事を大切にして行っています。

 

書込み者:安宅(atake)

 

 

 

 

 

ワーキングメモリ

7月の支援会議でワーキングメモリとは?

というのを実践を踏まえてやりました。

 

ちなみに“ワーキングメモリ”とは、今自分がしていることを中断して他の作業を行い、終わってから再び元のしていたことに戻ること。

 

“ワーキングメモリを使う”とは、何かを記憶したり、行ったりした後に、余計なこと、別のことをして、また思い出すことです。

 

実践ではこんなことをやりました。お時間ありましたらぜひやってみてください。

まず、ばら ひかり 背中 まぐろ メガネ の5つの単語を1分見て記憶します。

その後、野菜の名前を10個書きます。 さらに昨日食べた夜ご飯を書きます。

どんな野菜を書きましたか? 珍しい野菜書いた人はいませんか?

など少し会話があり、始めに記憶した5つの単語を思い出しました。

どうでしょうか? 5つ言えたでしょうか?

 

このワーキングメモリを使う遊びをどのように普段の遊びに取り入れるか…

 

ムーブメントではこんなやり方で遊んでみました。

まずスタート位置で先生から1~3個の単語を聞き、記憶します。

子どもに合わせて、1個の子はりんごのような馴染みある単語。

2個の子は阪急、JRのようにその子が得意なものを入れてみたり…。

3個の子は、歯ブラシ、コップ、タオルなど関連しているもの、さらに難しくても大丈夫な子には、カニ、すいか、金魚すくい などバラバラな単語を。

記憶できたらスタートです。

まずはでこぼこ道を渡り…      先生と勝つまでじゃんけん…

DSC03513        DSC03510

片足立ち10秒…

DSC03517

さらに先生から「好きな〇〇は何ですか?」の質問に答え…

DSC03516

ケンケンパッで戻ってきます。

 

DSC03515

 

スタート位置まで戻ってきたら、記憶した単語を先生と確認します。

 

ポイントはその子それぞれに合わせて、簡単過ぎず、難し過ぎないこと。

なので1回目の結果を見て、2回目、3回目では記憶する数を足し引きしなくてはなりません。

そして記憶できなくても、ヒントを出したり、もう一度聞きに戻ってもいいことを伝えます。

間違っていても、「頑張ったね」と伝えます。

そして3個記憶したけど1個抜けてしまった子には何番目に伝えた単語が抜け落ちたか…なども見極めます。

 

時々このようなワーキングメモリを鍛える内容のムーブメントをやっています。

記憶した後にどんなことをするかによっても結果が変わりました。

例えば、前は2つ記憶できていた子でも、バランスに課題があり片足立ちのところで頑張り過ぎて1つしか記憶できなかった子もいました。

 

ワーキングメモリは私たちの日常生活や学習の基盤になっています。

今、テレビや書籍でもワーキングメモリを鍛える方法、脳トレなど色々情報は手に入りますよね。

でも意外にも、運動をすることもワーキングメモリを鍛えるためには重要なのです。

運動と言ってもハードなものではなく“たくさん歩くこと”でいいのです。

とは言え、今年の夏は特に暑いので、たくさん歩いたら倒れてしまいそうです(>_<)

プールなら行けるかな??

親子で脳の活性化、家族の健康維持で運動しましょう!

 

 

明日から…(#^^#)

 

 

書込み者:西見(nishimi)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やって来たよ。新教具!

早くも上半期突入!

真夏を迎えるその前に体調を整え、夏を乗り切っていきたいものですね。

さて、この度たんぽぽに*でこぼこみち*と言う名の新しい教具が入ってきました。

軽くて丈夫! 微妙な高低差も自由に作れ、形もいろいろに繋ぎ合わせられる優れもの。

子どもたちはもちろん、職員もワクワク。

 

DSC02871

どうやって使うかの説明にも、興味深々で耳を傾ける子どもたち。

DSC02896

ドキドキゆっくり確かめて( ^ω^)・・・

DSC02887

ひと踏み、ひと踏み、ゆっくり前進しています!(*^-^*)

 

 

足の裏から伝わる初めての感触や、凸凹したビミョーな高さの違いを、上手にバランスをとりながら歩く難しさを体験しました。

 

初めての教具を見る子どもの眼は、いつも期待に満ちた輝きがあります。
そして、新しい物を使って初めてのことにチャレンジする意欲も満点☆
そんな活気あふれる子どもたちと、今回は*でこぼこみち*を楽しみました。

 

 

 

 

新規ご利用者様募集

「たんぽぽ」の空き状況をご案内いたします。
現在ご希望曜日でのご利用が可能となっております(平日のみ。土曜日は満員のためキャンセル待ちとなっております。)ご利用をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。

 

親子で楽しめる夏祭り、親御様向けのペアレントトレーニング、茶話会、その他研修のご案内など、

親御様へのサポートを充実させております。
通所を迷われている方や、複数事業所見学ご希望の方、どなたでも ご遠慮なくお声かけください。
相談のみでもけっこうです。
お問い合わせは、ホームページ、お電話、どちらでもご利用いただけます。

職員合同研修の報告

平成29年5月15日(月)認定NPO法人日本ポーテージ協会  西永堅先生にお越しいただき、下記について講義していただきました。また、今回の研修には賛助会員様もお招きしました。

 

ポーテージプログラムと応用行動分析について
1.応用行動分析とポーテージプログラム
2.フィードバックこそ命
3.9か月の奇跡
という3つの内容を中心にお話いただきました。

 

 

私たちが普段、療育に取り組む中で大切なこと、意識していくことを改めて認識できました。

ご参加いただきました数名の賛助会員様と貴重な話を聞ける時間を共に過ごせたこと、感謝しております。

今回参加を断念された方も、次回は是非ご参加下さい。☆オススメです☆

 

 

西永先生、お忙しい中本当にありがとうございました。

IMG_0638 IMG_0639 IMG_0637

 

今後も、賛助会員様へ職員向けの研修会のご案内をさせていただきますので是非ご参加ください★

 

早速ですが、次回は7月10日(月)「脳の構造理論から関わる子どもへの支援ついて」の研修会を行います。賛助会員様へは書面にてご案内させていただきます。

6月支援会議の様子

色とりどりの紫陽花がきれいに色づき、梅雨の訪れを感じる季節になりました。昼間は初夏の暖かい陽射しの日もありますが朝晩は涼しく、一日の中での温度差が激しいことで体調を崩しやすいので気をつけましょう。

 

さて、月に1度職員が集まり、支援会議を行ってます。
今回は6月の支援会議の様子をご紹介します(^^♪

 

 

☆テーマは「子どもの目線になる」です。
3人のグループに分かれて①子ども役、②先生役、③観察者と担当を決めてロープレを行いました。

 

 

【  設定場面①バッタを見ていて、お帰りの用意をしようとしないAちゃん  】
T:「Aちゃん、もうすぐお帰りの時間だよ。帰る用意しよう!」
Aちゃん:「えー!いらん。いま、バッタ見てるねん」
T: ・・・
Aちゃん: ・・・

 

Aちゃん役のルール①3回ほどごねる。②Tの対応でやる気がでたら行動にうつす。
T役のルール①ABAの関りや、手法や工夫を用いて声かけなどをする。②最後は必ずほめる。

 

 

【  設定場面②絵本を聞いている途中、違う本を読んで欲しがるBちゃん  】
T:絵本を読み始める
Bちゃん:「先生、それ知ってる!だからこっちがいい!この本がいい!こっちにして!」
T: ・・・
Bちゃん: ・・・

 

Bちゃん役ルール①言われると言い返す。②しつこく主張する。
T役のルール①ABAの関りや、手法や工夫を用いて声かけなどをする。②最後は必ずほめる。

 

上記のルールを守って、さあ、スタート!

 

 

設定場面①
DSC02594 (2) DSC02587

 

 

設定場面②

DSC02591 (3) DSC02593 (2)

 

 

終わった後、振り返りでいろんな感想が出てきました。
T役で気をつけたいことのポイントは・・・
・子どもの声・思いを受けとめる
・目標行動は1つ(例えば、お帰りの準備と家に帰ることを一緒にせずに分ける)
・テンポ良く切り返す
・寄り添いすぎると子どもに主導権を握られてしまうので、時には離れる
・片付けの手がかりを与える
・褒めることを忘れない!
☆褒めることを忘れてしまうのは、例えば、子どもがお片付けを始めたら、その時点でTの目標が達成され安堵感で褒めることを忘れることがあります。しかし、子どもにとってはその時がスタートなんです!

 

 

 

 

言葉の「リフレーミング」って聞いたことありますか?
例えば、「甘えん坊な」と言う言葉をリフレーミングすると「人懐っこい、人に可愛がられる」となります。そうです、言葉の変換です。

 

 

頭を柔らか~くして、どれだけ『多角的に相手を見る』ことができるか。たくさんの言葉の変換ができれば、共感や褒め言葉につながります。
では、皆さんも考えてみてください。
・あわてんぼう→
・いいかげんな→
・うるさい→
・がんこな→
・気が強い→
・こだわりやすい→
・しつこい→
・反抗的な→
・人づきあいが下手→
・ふざける→
・ぼうっとしている→
・乱暴な→
・忘れっぽい→
・わがまま→

 

 

 

 

 

思いつきましたか???
下記は一例ですが・・・

 

 

・あわてんぼう→ 行動力がある、行動が速い
・いいかげんな→ こだわらない、おおらかな
・うるさい→ 明るい、活発な、元気がいい
・がんこな→ 意志が強い、信念がある
・気が強い→ 情熱的な
・こだわりやすい→ ものを感じ取る能力が強い
・しつこい→ ねばり強い
・反抗的な→ 考えがハッキリしている
・人づきあいが下手→ 自分の世界を大切にする
・ふざける→ 陽気な
・ぼうっとしている→ 細かいことにこだわらない
・乱暴な→ たくましい
・忘れっぽい→ イヤなことも気にしない
・わがまま→ 自分の意見をハッキリ言う

 

 

 

・・・なるほど~ですよね。
実は、このリフレーミングの例は小学5年生が考えたとのことです!
頭を柔らかくして、子どもたちをたくさん褒めていきましょう♫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まねっこ遊び☆

 

最近、たんぽぽでしているまねっこ遊びの様子を紹介します☆

 

スペースマットを2列に並べて、赤チームと青チームにわかれます。

 

それぞれスタート位置に立ち、行きは青の人が赤の人の真似をしながら壁まで進みます。

 

壁から戻るときは、赤の人が青の人の真似をして進みます。

 

DSC01608

 

お友だちが片手をあげているのをしっかり見れています!

 

 

 

腕を後ろで組んでケンケンしてみたり・・・

 

DSC01609

 

 

腕を交差させてゆーっくり歩いたり、

 

DSC01613

 

 

大股で歩いてみたり、高ばいで進んだり、

いろんな動作を考えながら進みます。

 

DSC01948DSC01949

 

お友だちや先生が、自分のことを見て真似してくれるのって、嬉しくて楽しい(*^-^*)

お友だち同士笑顔で顔を見合わせながら、上手にまねっこ出来ていました!

 

 

 

 

 

うしろで待っているお友だちも、みんながどんな動きをするのか興味津々!

待っている間に、お友だちを応援したり、自分のときはどんな動きをしようかな?と考えています。

DSC01940

 

 

こんなに面白いポーズも!

DSC01490

 

手首や肘など、関節がどう曲がっているのかをよく見て同じように動かしたり、

急に止まったり動いたりする相手のペースに合わせたり、

この遊びには、他者意識や見る力、模倣、ボディイメージ・ボディコントロールを高めるといったねらいがあります。

 

 

 

 

 

 

工作は、梅雨の季節なのでカタツムリを作りました☆

 

紙皿の穴に、毛糸を通して・・・

 

DSC02146DSC02147

 

 

お皿に模様を描いて、画用紙にカタツムリの顔を描いて、ツノをつけて、

お皿とからだを貼りつけたら・・・

DSC02325

 

 

完成~!!

DSC02324

 

 

それぞれいろんなお顔のカタツムリができました(^^)

 

DSC02328 DSC02361

 

5月支援会議「避難経路の確認」

朝晩は涼しく、日中は気温が上がる日が続く様になりました。
室内でも熱中症に気をつけて、水分補給はこまめに行いましょう。

 

 

 

 

さて、今回はたんぽぽの支援会議の内容をご紹介します。
今回は「火災」「地震」「風水害」の避難経路を実際に歩き、検証することを行いました。
当日は雲一つない晴天で、とっても暑かったです(--;)

DSC01736 (2) DSC01741 (2)

DSC01739 (2) DSC01750 (2)

 

 

 

 

 

大人の足で何分かかるか避難場所まで歩き、一旦事業所に戻って、地図上や頭の中だけでは見つけられなかった危険個所や注意が必要なことなどを検証しました。
DSC01734 DSC01735

 

 

 

 

実際に歩くと・・・
・子どもたちを連れての避難場所には遠すぎる・・・
・瓦が落ちて来ないか?
・洪水の場合、橋は渡れないんじゃないか?
などなど、様々な意見があり、避難場所を再検討することに。。。

 

 

 

 

DSC01754 DSC01752 (2)
すぐ近くに免許更新センターや、立体駐車場があるので、親御さんにもお伝えしやすい為、避難場所の一つとすることにしました。

 

次回は実際に火災や地震を想定しての、避難訓練を行う予定です。
その様子もお伝えさせていただきます。
たんぽぽだけでなく、こども療育センターでは消化訓練、避難訓練を行い、万が一に備えています。
安心して療育に通っていただけるよう、今後も定期的に訓練を行っていきます。