障害者アート展のご紹介

日頃よりこども療育センターの療育活動に、ご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。

 

さて、先日兵庫県立美術館で開催されました第12回兵庫県障害者芸術文化祭美術工芸作品公募展において優秀な成績を納められた作品を、兵庫県庁3号館5階の議長・副議長応接室で「障害者アート展」として展示されるとのことです。

 

アート展開催期間中は普段は入ることのできない議長・副議長応接室も一般開放さているそうですよ~
皆様お誘い合わせのうえ、行かれてはいかがでしょうか?

アート展議事室

 

 

春ですね

 

たんぽぽの新年度が始まりました!今年度もたくさんのたんぽぽのお友だちと楽しいをいっぱい

経験していきたいと思います。

三月にはたんぽぽを卒業していく子どもたちのお別れもあり寂しいのですが、一年生になる!と胸を張って嬉しそうにお話してくれるピカピカのお顔や始まりの会、終わりの会での前をしっかり見て

先生のお話を聞いている姿に頼もしく思う日々でした。DSC00972 - コピー

 

 

そして4月に入り遅めの桜がゆっくりゆっくり開花し始めました。

たんぽぽのお部屋には子どもたちが作った桜で満開を迎えています。

ピンクの絵の具を薄めたものを花びらの形のスポンジでペッタンペッタンと画用紙に押していきます。
フワッと優しいタッチがあったり、ギューっとしっかりしたタッチで押していくタイプのお子さん・・・
これらの動作を先生たちは固有受容覚はどんな感じ?スポンジを持つ手を見て手指の操作性は?と観察しています。

 

 

出来上がったお花のハンコの画用紙を次はハサミを使って好きな形に切ります。

右手(利き手)にハサミ、左手は紙を持って、という一連の流れにも注視・左右感覚・イメージ力など色々な要素が含まれています。

ハサミの動きも先生は「開いて、閉じて」や「グ-パー」と子どもに入りやすい言葉かけをして

子どもたちの中には一生懸命「グーパー」と言葉を発しながらハサミの使い方を学んでいっています。

DSC00970DSC00971

DSC00982 - コピー

満開の桜でたんぽぽのお部屋も明るくなりました\(^o^)/

子どもたちもこの桜の様に出来る事、得意な事はグングン伸ばし、苦手な事には工夫をして来年には又どんな桜の花を咲かせてくれるか楽しみです!!

 

 

ご卒園、ご進級おめでとうございます

3月も終わりを迎え、いよいよ各曜日のお友だちと過ごすのも残りわずかとなりました。
改めまして、ご卒園、ご進級おめでとうございます!

 

 

 

利用当初は泣いて登所していた子も、いつの間にか泣かずに身支度を自分で行うようになり、伝えたいことが言えず先に手が出ていた子が、気持ちを言葉で伝えられるようになり、そして、友だちと一緒に遊ぶことを楽しいと感じられるようになったりと、心身共に大きな成長を感じます。これも、保護者の方のご尽力とご協力があってのことと感謝しております。
日々のご協力、こども療育センターに対するご理解をありがとうございます。

 

 

 

たんぽぽは4月から新しいお友だちと一緒に、楽しみながら「できた!」を沢山つくります。それを自信につなげ、自信溢れる「できた!!」に変化させていきます。
また、自尊心が高まるよう、ひとりひとりのお子さんに合わせ、それぞれの心に寄り添った療育に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

3月支援会議の様子

少しづつ暖かい日が続く様になりました。
もう春ですね~。

 

さて、今回は月に一度の支援会議の様子をご紹介します。
支援会議では、こども療育センター内での決定事項の連絡、外部研修に参加した先生からの研修報告にプラスして、「発達障がいについて」、「ABA(応用行動分析)について」、「観察・記録を書く時の注意点について」その他、職員向けにさまざまな勉強会や、利用者の支援についてなど、職員のスキルアップや関わり方の統一化を目的とした勉強会を行っています。

 

たんぽぽの3月の支援会議は、こども療育センターの療育の柱としている「ムーブメント療育・療法」の実践を行いました。
ムーブメントは、ムーブメントリーダーが当日利用されるお子さんの発達段階や、課題に沿った内容のプログラムを考え、遊具やピアノを使いながらリードして行います。

 

今回は、普段ムーブメントリーダーを行っていない先生にはリーダー&サポートの先生役を、そして普段リーダーを行っている先生には子ども役をしてもらいました。
サポート役の先生はプログラムの内容を確認し、どこで誰がどんなサポートが必要かを事前に打ち合わせをします。

 

 

さあ、始まりました!
DSC00939 (2) DSC00934
ムーブメントで使うタンバリンを勝手に叩いて持ち歩いたり・・・
後ろにお友だちがいても、急に走り出す子がいたり・・・
部屋の隅で座って動かない子がいたり・・・

 

 

 

DSC00936 (2) DSC00938 (2)
「ムーブメント中はピアノは触りません」というお約束があるのですが、お構いなしに触りに行ったり・・・
お話をしている先生にずーと話しかけたり・・・
様子を伺って下駄箱の前で見守っている子がいたり・・・

 

 

 

DSC00940
ムーブメントの最後はみんなが大好きなパラシュート!
止まってしまう子がいたり・・・
無理やり引っ張ろうとする子がいたり・・・
子ども役の先生たちは「た~のし~い♫」と、子どもになりきっていました^^

 

 

 

ふり返りの時間、子ども役をした先生から、
「この時、こんな声かけをしてもらったから、やってみようとムーブメントに入ろうと思った」
「あの時、本当はムーブメントに入りたかったけど、入るきっかけがなくて、入れなかった」
「一緒にやろう!って声をかけてくれたのが嬉しかった」
「ゆっくり歩くから速く走るように変わった時に、速いテンポの違った曲に変わったから動きやすかった」など、子どもたちの気持ちに共感ができたという声が多々ありました。

 

 

ムーブメントリーダーをした先生方は、
「リーダーとして前から見ると、全体を見ることができて、いつもは後ろから見ていて気付かなかったことが沢山あった」
「子どもの様子に気付いた時に、サポートの先生がサッと動いてくれて進行が止まらなかったので有難かった」
「間の取り方が難しかった」
「子どもへの興味の促し方が難しかった」他にもたくさん気付いたことがありました。

 

気付きは成長の第一歩!
今後も支援会議の内容を紹介していこうと思います^^

 

 

 

 

 

 

嬉しくもあり…寂しくもあり…

3月になり、ホワイトボードに貼っている季節のカードも“はる”になりました。

日中は暖かい日も増えてきましたが、まだ朝と夕方は寒いですね…。

そんな中、無事に卒園式を迎え、胸に花の飾りをつけてたんぽぽに来てくれる子も(*’▽’)

なんだかお兄さんに見え、嬉しくもあり、寂しくもあります。

 

4月から始まったこのメンバーでのムーブメントも残りわずかです…。

この日は、昔流行った“ツイスターゲーム”のように指示された色に手や足を置きます。

DSC00589

この写真は“手は緑、足は青”ですね(*^-^*)

慣れてきたら指示を複雑に…

DSC00593

“右手はピンク、左手黄色、足は赤”

 

こうして普段しない体勢をすることでボディイメージづくりができます。

 

 

そしてまたある日はしっぽ取り鬼ごっこです(*’▽’)

事前にルールを確認、「ルールは1つだけ、ハイハイでします!」

先生「たんぽぽのお部屋狭いよね?この人数で走ったらどうなる?」

子ども「ぶつかる」「こけてイタイイタイなる」

先生「なので走らずハイハイします」

DSC00820 DSC00821

では「よーい、スカート」 ドテ

今度こそ「よーい、スケート」 も~(;´Д`)

「よーい、スタート」

 

ちょっとフェイントをするだけで、賑やかなたんぽぽが静まり返るくらい集中して耳を傾けてくれます。

そしてハイハイの動きは手のひら全体で体を支えていることがポイントです。

指先が丸くなっていると、手のひらが浮き手首で体重を支えてしまいます。

何気ないハイハイですが、手のひら全体を使うことは、手先の器用さの基本なのです。

DSC00827

「はい、ストップ」「たくさんしっぽ取ったね^_^」

 

自由遊びの時間では…

やはり人気なのは電車

 

DSC00734

こうしてつなげて…

走らせるのか…

と思ったら…

これはゴジラだそうです。

ゴジラのしっぽのようで、前の緑と赤の車で先生と戦いごっこ!

こうしておもちゃを介してお互いセリフをつけてやりとり遊びをします。

お友だちがいる時は橋渡しして、やりとりにつなげます。

直接的に話すことに自信が持てるよう、こうしておもちゃを介して会話する機会は

とっても貴重です(*´▽`*)

 

そしてこちらは完成した橋にご満悦☆

DSC00739

子ども「ねぇ先生、橋作るから手伝って」

先生「先生今ビル作ってるからイヤ~」

子ども「じゃ10秒でビル壊すよ」

先生「イヤ~、壊さないで、まだ完成してない」

子ども「わかった!!じゃ20秒ね^_^」

おっと+10秒の猶予が与えられたが… まだここは折れないぞ… 心を鬼にして

先生「ビルが完成したら橋手伝うから待っててよ~」

子ども「わかった、じゃやっとくね」

ニッコリで納得してくれました。

 

大人が子どもと遊ぶ時、つい子どものペースに合わせてあげてしまいがちです。

しかし子ども同士で遊ぶ時、相手はそんなに思い通りに言うことを聞いてくれるでしょうか??

小学校へ行くと、今よりずっと子どもだけの世界がグングン広がっていきます。

親は家で子どもを見送り、迎えます。

本当に子ども同士で遊べるようになるために、大人も子ども役となり気持ちを伝え、譲り合いながら誰とでも気持ちよく遊べるようにしてあげたいですよね^_^

 

「さようなら」の挨拶が終わり帰る用意ができると…

DSC00741

お母さんのお迎えを待っている間、最近流行っているのがドッチボール

子どもたち曰く、“顔面はセーフ”らしいです。

そんなルールあったな…と子ども時代を思い出しました(*^-^*)

自然と2人で遊んでいて、こんな時大人の仕事は見守りです。

見守りが増えると、これまた嬉しくもあり、寂しくもあり…

これが成長なのでしょうね(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

★形遊び☆

時折厳しい寒さの日もありますが、少しずつポカポカとした春の陽気も感じられるようになりました。
今年度も残りわずか!!年長さんの子どもたちの卒業が嬉しくもあり、寂しくもあります!!

 

今回は、たんぽぽでのムーブメントの中のひとつ「形遊び」をご紹介したいと思います!!

形板とピッタンコマットバージョンでお届けします!!

 

この活動では、模倣や手と目の協応、形の認識から、イメージ力やマッチングに繋がります!!

 

 

まずは、〇△▢の形があることを皆で確認します!!

DSCF1706  DSCF1438

壁にペッタンやマットの上で、上手に話を聞くことが出来ています^^

 

その後、見本の形をよく見て、同じ形にしていきます!!

DSCF1708  DSCF1712

見本と同じ形を探しながら・・集中する子どもたち!!

 

DSCF1709  DSCF1710

形が出来ると「できたー!!」「みてみて!!」と達成した嬉しさを報告してくれていました^^

 

DSCF1711

出来たお友だちから、作った自分のお家に入り待ちました^^

 

「〇〇くんのは黄色い屋根だねー」「〇〇くんのは青いお家だねー」など声をかけると、お友だちの方へも意識をむけることが出来ました!!

 

 

 

 

DSCF1443  DSCF1448

ピッタンコマットで行うと・・見つけた形を、指先でつまんではがす力も必要になります。また、片手でマットを押さえ、はがす、という左右違った動きで両手を使った作業が必要です。指先の操作性・力の加減にも繋がります。

 

DSCF1580  DSCF1446

両手を使って頑張ってはがしています!!^^はがすのが難しい子には、先生が押さえたり「左手でおさえてみたらー」とサポートや声かけをしながら進めていきました。

 

 

 

DSCF1230  DSCF1162

色々な形作りに挑戦!!

難しくなっても、見本とにらめっこしながら1人で頑張る姿が見られました!!

DSCF1440  DSCF1451  DSCF1445

そして形が完成しました^^

 

DSCF1155

完成した時の達成感いっぱいの「やったー!!」のポーズ^^

子どもたちの満面の笑みがたくさん見られました^^

 

 

 

最後のお片付けまで活動を頑張りました!!^^

DSCF1168  DSCF1719  DSCF1718

Aiカフェで手相をみてもらいました♪

認定NPO法人神戸国際占術協会の先生をお招きし、Aiカフェで「手相」を見てもらうイベントを行いました。

 

手相・・・皆さん見てもらったことありますか?

 

男性は右手を、女性は左手を・・・なんてテレビや雑誌で聞いたり見たりしたことはありますが、
利用されている親御さんから希望者を募って、実際に見てもらいました。

 

 

占術2_LI (2)占術1_LI

お二人の先生に来ていただきまして、今回は短いですが、一人10分ずつ!

 

 

スケジュールはこんな感じです☆
占術6

 

 

「ドキドキする~!」と言いながらお部屋に入って行かれ、10分後・・・
「もっと見て欲しかった~!!」の声が多かったです(*^-^*)
他には、「手にめっちゃ汗かいた~」など。。。

 

 

 

占術4_LI 占術3_LI
待ち時間は皆さんワイワイとおやつを食べながら盛り上がっていました(^-^)

 

 

このように、今後もいろんなイベントを企画して、ご案内させていただきますので、
お時間が合いましたら、是非ご参加ください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規ご利用者様募集

平成29年度「たんぽぽ」から「たんぽぽAi」へ多数のお子さんが進級されます。
進級おめでとうございます!!
と同時に、 新年度4月より「たんぽぽ」に、空きがございます。

 

現在平日のみご希望曜日でのご利用が可能となっております。
(土曜日は満員となっており、キャンセル待ちの状態です。)
ご利用をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。
通所を迷われている方や、複数事業所見学ご希望の方、どなたでも
ご遠慮なくお声かけください。相談のみでもけっこうです。

 

お問い合わせは、ホームページ、お電話、どちらでもご利用いただけます。

 

ゴムバンドでグーパー☆節分の工作

 

ゴムバンドを使った遊びを紹介します☆

はじめに先生のお手本を見てから、みんな位置につきます。

 

ゴムバンドの間に立って、足を閉じた状態からスタート!

DSCF1527

 

 

「せーの!」の掛け声に合わせて、足をパーに開きます

DSCF1534

 

 

みんながパーのときはゴムバンドが閉じて、

グーのときはゴムバンドが開きます。

 

 

リズムよく、

 

 

せーの、グー!                 せーの、パー!    大ジャンプ!!!

DSCF1538 DSCF1537

 

みんなしっかり足を開けています(^^)

DSCF1536

 

 

ゴムバンドは伸びるので、もし足が引っかかっても大丈夫☆

繰り返すうちにタイミングがわかってきたり、みんなと同じ空間を楽しんだり、先生と一緒にジャンプしたり・・・

DSCF1528

 

 

 

ジャンプだけなんて簡単だよ!というお友だちには、途中からクイズが始まりました。

グーパーグーパー、みんなと合わせてジャンプしながら、クイズもしっかり聴いて考えます。

 

「からだは黄色と茶色のしま模様、首の長い動物はな~んだ?」

 

 

DSCF1541

 

 

 

わかったら「せーの」で「キリン!」と答えていました♪

 

DSCF1543

 

足がひっかからないように跳ぶことで足元への意識を高めたり、

みんなで合わせて跳ぶことで、協調性や他者意識を高めたり、

タイミングを合わせて跳びながら、同時にクイズを聴いて考える、同時処理(考えるとつい止まってしまう。なんてことになりそうですが・・・)

固有受容感覚(傾きを立て直す力、見えない部位を感じる、踏ん張る力など、関節の曲げ伸ばしや筋肉の動きを脳に伝える感覚)を養うなどのねらいがあります(^^)

 

 

 

 

 

工作では、風船で節分の鬼を作りました☆

DSCF1549

 

 

まゆげが吊り上がっている恐い顔、まゆげが垂れ下がっている優しい顔、

作る子によって、それぞれオニの表情が違ってとっても素敵です(*^▽^*)

DSCF1548DSCF1550

 

 

ツノをくるっと巻いて、              頭にペタリ☆

DSCF1554DSCF1555

 

 

「髪の毛は前に垂らすねん!」と、色々考えながら貼り付けていました(^^)

DSCF1551

 

みんな、幼稚園や保育園でもオニのお面を作ったり、歌をうたったことを教えてくれました♪

 

 

明けましておめでとうございます(*^▽^*)

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します(*^-^*)

 

お正月におじいちゃんおばあちゃんと過ごしたことや、お餅を食べたこと、

ウキウキした表情で話してくれ、楽しく過ごしたことが伺えます!

 

 

昨年、年長さんが巣立ち、新しいお友だちを迎えてスタートした新年度ももうあと2か月程です。

今ではすっかり顔と名前を覚え、「○○君まだかな?」

と窓の外を見ながら待っています(*^-^*)

おもちゃの貸し借りで言い合いになることもあるけれど、それもなくてはならない経験です。

子ども同士で解決できるようにサポートしながら、他児との関わりに必要な自信をコツコツと積み重ねた一年でした。

もうすぐ生活発表会、そして年長さんは卒園式。集大成となる行事が待っていることと思います!

 

 

そしてたんぽぽでも…

とある日のムーブメントです。

みんなで周りの線路を走りながら…

DSCF1075-1 DSCF1076-1

ドクターイエローと言われれば黄色に集合!   青はかがやき!

DSCF1077-1

赤はこまち!

電車が大好きな子が多いので新幹線シリーズで楽しみました(*^-^*)

 

何気なくフープの中に集まっていますが、これこそが集大成の写真なのです(^_^)v

こうして詰め合って、スペースを譲り合って「こっち、こっち」と

言い合えるのはまさにコツコツと積み重ねてきた自信の集大成です(^_^)

4月の頃はフープをひとり占めしたい…そんな気持ちも多々ありました。

でも“1人で”より“みんなで”の方が楽しいという経験をムーブメントの中でコツコツ積み重ね、他児との関わりでの自信となっていったのです。

小集団でそんな経験を積み重ねられるムーブメントって素敵だなぁ…と思います(*^▽^*)

そして年長さんには自信をたくさん携えて小学校へと巣立っていってもらいたいです(*^-^*)

あと2か月、今のメンバーでたくさん楽しみたいと思います♡