ハロウィン遊び♪

11月になりました。寒くなってきましたが体調など崩されていませんか?

今回は10月のハロウィン遊びの様子をお伝えします。

みつばちで初めてのハロウィン週間ということもあり、「どんなことしよう?」「飾りはどうする?」など私たちもわくわくしながら準備をしてきました。

IMG_1423        【玄関】
IMG_1422  【活動部屋】

 

「こんにちわ~」と元気よく入ってくると子どもたちは、いつもと違う様子に気付きキョロキョロし、
「なんかぶらさがってる~」「あれなに~?」「タッチしたい~」と興味津々でした。

 

手洗いうがいがおわると始まりの会。
ここまではいつもと同じ流れですが、イスを片づけるといよいよスタート♪

 

 

 

~工作~
工作から始めまります。
こうもり・おばけ・かぼちゃの3種類から1つ選んでお面づくり。
ビニールの袋にお絵かきをしたりシールを貼って衣装づくり。
「大きいお家かこう!」「伝説のコウモリやねん」など思い思いにイメージを膨らませて描いたり、自分の好きな色で色塗りを楽しみました。
できあがった手作り衣装を着たら、さあ次の活動です!!

IMG_1450IMG_1661

 

 

 

~感覚遊び~(触覚)

『ゼラチンゼリー』『水溶き片栗粉』『片栗粉』の3つの触覚を楽しみました。

 

 

《ゼラチンゼリー》
ゼラチンゼリーの中に入っているピンポン玉を手やお玉を使って取り出します。
「ぷるぷるしてる~」「つめた~い!」など色々な声がきこえてきました。
どんな感触かわからないので、初めは友だちの様子を見ていたり、直接触れずお玉ですくってみたりしていましたが、遊んでいるうちに 手で 触り→掴み→握りと、ゼリー独特の感触を楽しんでいました。

IMG_1519IMG_1674IMG_1687

 

 

《水溶き片栗粉》

水で溶いた片栗粉の中にビー玉や車のおもちゃが入っています。
手を入れるとトロトロとした何とも言えない感触。
手のひらに乗せて動かしてる間は固めて丸めたり、握ったり、団子も作れますが、じっとしているとトロ~と溶けて流れ落ちていきます。
「気持ちいい~」「手がしずむ!」など、ゼリーとはまた違う感触を楽しんでいました。
私はこの水溶き片栗粉は、硬さやトロトロ感、冷たさや生ぬるさなど、いろんな感触を味わえました♪
IMG_1683IMG_1568IMG_1566IMG_1597

 

 

《片栗粉》

片栗粉の入った箱の中から〇・△・□などの積み木を隠します。
粉の中から形を探したり、山を作ったり手を隠したり・・・いろいろ楽しみました。
IMG_1676IMG_1637

初めはお玉や紙コップなどで少~しだけ、そ~っと触り感触を確かめ、慣れてくるともう夢中です。
夢中になるとどれだけ手が粉まみれになっても気にならなくなり、道具なしでも触れるようになりました。

3種類の感触はそれぞれ違った感覚で、
子どもたちも先生も一緒に楽しめたのではないかと思います。

帰る前に先生からプレゼントが配られると
「何はいってるの~?」とみんなの目はキラキラ♪
「お家に帰ってからみてね」の約束を、みんな守ってさようならをしました。

 

感覚を統合していく遊びは発達には不可欠です。
感覚遊びをした後の子どもの表情は心も体も満たされた様子がうかがえます。

 

いつものスケジュールとは違いましたが戸惑う子も少なく、それぞれが楽しんでいました。

 

12月には‘‘クリスマス週間‘‘があります。
「どんなことしよう?」「こんなのどうかな?」など話し合い楽しそうな活動の計画を立てています。楽しみにしていてくださいね~♪

投稿者:四元

平均台

10月になり、肌寒くなってきました。
幼稚園、保育園の運動会も終わった頃かなと思います。
「リレーで走るねん♪」「パラバルーンするねん」と
運動会の練習の様子やプログラムを教えてくれる子どもたち。
みんなの頑張りが伝わってきました。

 

今日はムーブメントで使っている『平均台』を紹介します。

 

《平均台》
平均台の活動に関するコメントは、連絡帳にもよく出てくると思います。
それほど出番の多い平均台。
よく小学校や体操教室で見かける物とは違い、床に置いて使うため高さは低く、素材は軽くてほんの少し弾力のある滑りにくいEVAというものです。(繋ぎ合わせてフロアに敷くEVAマットと同じ素材)

IMG_1418
みつばちでは8本の平均台を

 

繋げたり・・・
IMG_1417
(1本橋)
IMG_1416
(2本橋)

 
並べたり・・・
IMG_1419
(線路)

 

重ねてみたり・・・
IMG_1421
(階段)
IMG_1245 見てください!足の指。グッと踏ん張りバランスをとりながら重心移動しています。そして手や進行向、足元、いろんなところに注意を向けて進んでいきます。固有受容感覚を養ってますよ~(((o(*゚▽゚*)o)))

 

今日ご紹介するのは「またぐ」動きの一例です。

 

 

膝を上に突きあげ、足を前に出してまたぐ。
後ろの足は、台にひっからないようにあげてまたぐ。
またぐ”高さ”や”幅”に変化をつけたり、身体の向きを変えたり、またぎ方にも工夫を加えます。

 

足や膝をあげて片足立ちになり(バランス)、足をあげてその形をキープする(固有受容感覚)、左右交互の動きをする(左右運動)、またぐ時の高さや距離感(空間把握・ボディーイメージ)など「またぐ」という活動でさまざまな感覚機能を存分に働かせています。

IMG_1412IMG_1410

 

高さが苦手なお子さんには、段差がなく幅の広いものから取組みます。
いよいよ段差のある活動にデビューしたら、ほんの少しの補助(先生の肩や壁を持って)が、ある中で
頑張っています。
平坦から段差へ→1段(補助あり)→1段(補助なし)→2段→3段、と
徐々に段階を経て「できた!」を感じ「次もやってみよう!」の意欲に繋げることを大切にしています。

 

これからも新しい動きを取り入れムーブメントの特徴でもある『変化のあるくり返し』をみんなで”ワクワク・楽しい”と感じながら取り組んでいきたいと思っております。

 

10月23日~27日はみつばちのハロウィン週間です。
感覚遊びを中心にみんなで楽しめることを準備しています♪
ご不明なこと、質問などがありましたらいつでもきいてください♪

投稿者:四元

 

 

 

 

大玉ころがし・綱引き。

9月になりました。暑さも少しづつ和らいで秋の風を感じるようになりました。

 

始まりの会では、日にち、曜日、季節や天気をみんなで確認します。
9月になり、季節を「秋」に変えると「変わってる~」「りんごととんぼと葉っぱ~」と絵カードをみた子どもたちは、変化に気づき口々に教えてくれます。

 

今回はムーブメントの様子をお伝えします。
幼稚園、保育園などでも運動会の練習が始まっている頃です。ムーブメントでも玉入れや大玉ころがし・綱引きなど、幼稚園や保育園で馴染みのある活動を取り入れています。

 

 

【大玉ころがし】

 

大きなバランスボールを手で押して転がします。
平均台の1本橋の上や、ジグザグの道をボールを押し進み、一周まわったら次の友だちとタッチ交代です。
近付きすぎると手や足がボールにぶつかりつまずいたり、力が強いとボールが先へ転がったりします。
ボールを押す時に目でボールとの距離をはかりながら手で力加減をして進むという手と目の協調運動(協応運動)をしています。
IMG_1207 IMG_1210 IMG_1347

 

 

【綱引き】

 

赤チーム青チームに別れてロープを引っ張ります。
ロープを引っ張れるようにしっかり握れたら先生の合図を待って「よーい・・どん!」の合図で引っ張ります。
体は前を向き、後ろへ引っ張るというのが難しい時もあるようで、どっちへ引っ張ったらいいかわからなくなる時もあるようです。先生が子どもの手を上から握って一緒に引っ張り、「引っ張る」という感覚を感じられるようにしたり、後ろから引っ張りどっちに引っ張ったらいいか感じられるようにしています。
自分が力を入れて引っ張ることでロープが動き、相手が動く・近づいてくるということを感じられるように声かけやサポートをしています。
力が均衡してなかなか終われそうにない時は「10・9・8・・・1・0!」と10秒カウントします。「どっちも強いね~!」と声をかけるとにこにこ顔で「もう1回!」という子どもたち。

IMG_1348IMG_1349

季節の変わり目や運動会の練習などで生活リズムがかわり体調が崩すこともあると思います。しっかり食べて、しっかり寝て体調を整えて元気にみつばちへきてくださいね♪

 

書き込み者:四元(yotsumoto)

 

プロペラ飛ばし。

先日の夏祭りではたくさん参加していただきありがとうございました。
おうちの人と一緒にいる子どもたちの楽しそうな笑顔を見ることができ、私たちもとっても嬉しかったです♪

今回はみつばちのムーブメントで取り入れているプロペラ飛ばしを紹介します。

《プロペラ飛ばし》

IMG_1257

螺旋状になった長い棒の先からプロペラを入れ、下までおろして準備OK!
下から上へ勢いよく押し上げるとプロペラが回転して飛んでいきます。
プラスチックでできているのでふんわりと軽く飛び、体に当たっても痛くありません。
スペースマットを一列に並べ、その上に立って同じ方向を見て飛ばします。
片手で棒をもち、片手でプロペラを入れますがプロペラの穴を見ながら真剣な表情で入れています。
はじめは先生に手伝ってもらって入れていましたが繰り返すうちに一人でできるようになりました。
下までプロペラがおちる時、螺旋状になっているのでくるくる回りながらおちていきます。その様子も「きれいやな~」とじっと見て楽しんでいます。

IMG_1240IMG_1241

IMG_1243

プロペラが下までおちるといよいよ飛ばします。
片手で棒を持ち、片手でプロペラを押し上げるという動きをします。これは左右別々の動きをする
<左右の協調運動>が必要になります。
プロペラをぐ~んと上まで押し上げるとふわ~とプロペラが飛んでいきます。自分が飛ばしたものが着地するまで目で追い、取りに行きます。<追視>
初めは自分のタイミングで飛ばしていましたが次は「せーの」で飛ばします。先生の声をよく聞いてみんなでタイミングを合わせて飛ばすとたくさんのプロペラが飛んでとてもきれいです。

IMG_1239

「とんでいった~!」「めっちゃ遠くまでとんだ~!」と子どもたちはにこにこの笑顔。「もう一回する!」と何回も繰り返すうちに操作する動きもスムーズになっていきます。

この「できた!!」という気持ちが「もう一回やりたい!」「やってみよう」につながり達成感を感じられるようになります。
今後も、活動の中で様々なねらいを持ち、自然と身についていくかかわり、サポートしていきます。

 

8月ももうすぐ終わりですがまだまだ暑い日が続きます。
体調をくずさないように気を付けて元気にみつばちへ来てくださいね♪

書き込み者:四元(yotsumoto)

 

ゆらんこ・スカーフ・スペースマット。

5月になり、さわやかな風が感じられるようになりました。
みつばちの子どもたちはムーブメントをしたり工作をしたりと様々な活動を楽しんでいます。

今回はムーブメントで使っているいろいろな道具を紹介します♪

 

<ゆらんこ>
みつばちには大きいものと小さいものがあります。
片面がつるつるした布なので子どもたちが乗って引っ張っても簡単に進むことができます。
みんなで乗って先生に引っ張ってもらい進んだり、一人ずつ寝転んで乗り、先生が両端を持ちハンモックのようにユラユラゆらしたりします。
空中で揺らされながら、空中感覚や、揺れる、回る、滑ることで前庭感覚の刺激を満たし、自分でバランスをとるようになります。

IMG_0648IMG_0619

 

 

 

<スカーフ>
色は5色(赤・青・黄・緑・ピンク)があり、大きいものと小さいものがあります。
肩からかけてマントにして走ったり、クシュクシュッと小さくしてお風呂ごっこのスポンジにみたてて洗いっこしたり、スカーフの上に乗り足をすりすり滑らせたり、先生が両端を持ちカーテンのようにしてくぐったりします。
さまざまな活動に展開して使える優れものです!!
ふわふわした手触りなので感触遊びを楽しんでいます。IMG_0649IMG_0547

 

 

 

<スペースマット>
長いものと短いものがあり、色は5色(赤・青・黄・緑・ピンク)があります。
スペースマットも使い方は色々。
道を作ってその上を歩いたり走ったりコロコロ転がったり、ボールを転がしたりします。
体操をする時は足元に敷いて自分の場所を決め、マット代わりに。そこで体を動かします。
色の面を下にすると滑りがよくなるので、座って乗り、それを引っ張ってもらいます。ゆらんこ同様自分でバランスをとりながら進みます。ゴム製なので、伸び縮みするのが特徴です。特徴を活かした遊び方では、マットの真ん中に立ち、両端を握りピョンピョンはねると、ゴムの力で反動があり軽くはねながら飛び進むこともできます。

IMG_0641

コロコロ~ IMG_0653

IMG_0564 ズズズ~

 

 

たくさんの道具がある中からその日に合わせた活動を考え、道具を選びムーブメントのプログラムを立てています。

まだまだ他にもあるのでまた紹介していきます♪

 

汗ばむ季節になってきました。
ムーブメントで体をたくさん動かすので子どもたちは汗をいっぱいかいています。体温調節のしやすい服装、動きやすい服装にしていただきますよう、よろしくお願いします♪

新年度。

4月になりました。ぽかぽか暖かい日も増え、心地よい季節になりましたね♪
みつばちにきれいな桜が咲きました
絵の具を手に塗り、画用紙に手形を押しました。
「つめた~い!」「気持ちいい!」と絵の具の感触を楽しみながら作った子どもたちの作品は
玄関に飾っていますので是非ご覧いただき、よりいっそう春の陽気を感じてください♫

IMG_0490IMG_0464IMG_0446

 

 

 

新年度になり、各曜日のメンバーが午前、午後とも新しくなりました♪

ひとつお兄さんお姉さんになったことで、年下の友だちや新しい友だちと手をつないであげたり、ペースを合わせて一緒に歩いたりする姿もみられ、微笑ましく思います(^-^)

 

午前クラスでは、身体づくりを中心にムーブメントをしています。
午後クラスは、社会性を養うことも大切にしたさまざまな活動を取り入れています。
大玉ころがしやリレーなどルールのある活動も楽しんでいます。

友だちからボールやバトンを受け取りスタートして次の友だちに渡す、というシンプルなルールですが、くり返していくうちに「受け取ったらスタートするんだ」「次の友だちに渡すんだ」というルールに気付き(ルール理解)、 次の友だちに渡すことで遊びが継続されるという連帯感や協調性などが高まり他者意識も深まります。待つことそのものも必要ですが、待つ間も友だちの走っている姿を見て応援することで、応援する方もされる方も一緒に活動しているという帰属意識も高まります。
IMG_0491IMG_0506IMG_0480IMG_0473
みんなが「やってみようかな・・・」と思えるようなムーブメントプログラムで、
みんなが「楽しい♪」と参加できるような工夫を凝らしていきたいと思います。

新年度になり年長さんはAiに進級し、ただいまみつばちには空きがあり、
午前クラスの利用が可能です。ぜひお問い合わせください♪

 

 

 

 

ツイスターゲーム。

3月になりぽかぽかと暖かい春の陽気を感じる日もふえてきました。

今日は午後クラスでしているツイスターゲームを紹介します♪

 

<ツイスターゲーム>

ツイスターゲームはくじで出た色のマットに手足をのせる遊びです。
5色の小さいマットを並べてスタート!!
「みぎて」「ひだりて」「みぎあし」「ひだりあし」と書いてある紙と「あか」「あお」「きいろ」「みどり」「ぴんく」の5色が書いてある紙を先生がそれぞれ1枚ずつひき発表します。

「みぎて」「みどり」と先生が言うと右手を緑のマットへピタッとおきます。
「ひだりあし」「あか」で右手はみどりマットに置いたまま左足を赤のマットへおきます。
右足・左手もそれぞれ出た色においていきます。
何色が出るか、どこに置くのか分からないので、みんなドキドキ・わくわく♪

先にするグループと、あとにするグループと、別れてすることが多いので、待っているグループの子は、くじを引く役の子が引いた色を他のお友だちに教えるなどして、
「赤やで~」「がんばれ~!」「そこそこ~!」など応援をしながら上手に待っています。

ツイスターゲームでは『ボディーイメージ作り』を大きなねらいにしています。
手足を動かしたり体を支えることで固有受容感覚が働きます。
姿勢を維持したりバランスをとるときに前庭覚が働きます。
ゲームをするときのルール理解、友だちを応援したり順番を待つことで社会性も養われます。
他にも左手・右手などの左右感覚、色の認識などたくさんのねらいがありますが、何よりも子どもたちがとってもいい笑顔で参加しているので私たちにも「楽しい~!!!」がとてもよく伝わってきます♪
『楽しい!!』『おもしろい!!』が大切だな~と改めて感じています。
IMG_0294IMG_0296IMG_0318IMG_0325

 

今年度も残りわずかになりました。年長さんは卒業です。
うれしくもあり、さみしくもありますが、みんなで一緒に楽しい時間を過ごせたらと思います♪

 

フープ遊び。

寒い毎日が続きますがみつばちの子どもも先生も元気いっぱいです♪
登所するとコップとタオルを持って、手洗い・うがいをしっかりしてから好きな遊びをはじめます。
今日はムーブメントでよく使う「フープ」をご紹介します。

 

 

フープは回したり、くぐったり、中に入ったり・・・などいろいろな活動が楽しめて子どもたちも大好きです♪

 

 

《バスにのって~♪》
順番に並んで好きな色のフープをもらい、先生のひざの上に座ったり友だちと並んで座ったりして場所を決めたらスタート!!
フープをハンドルみたいに持って動かし運転します。

 
「GO!GO!」のかけ声で手をあげてリズムをとったり
「3・2・1」の声に合わせて指で数えたりします。
「右へまがりま~す」という先生の声や歌に合わせて右や左へ体を傾けたり
くるんと1周まわったり、後ろや前へ体を倒して最後はブレーキをかけて到着!!
先生をみて同じ動きをする[模倣]や
先生との[スキンシップ]
左右に体を動かす[左右感覚][傾きを保つ・起こす力(固有受容感覚)]
お友だちと一緒に活動する[他者意識]などをねらいにしています。
午前クラスではよく行う活動ですが、午後クラスでも時々すると「簡単やん!」と言いながらもみんなにこにこと楽しそうです(^-^)

 

 

 

《フープ回し》
フープを指先で持ちくるくると回転させたり、コロコロと転がしたりします。

 

指先を使い回転させるので[指先の細かな動き]
転がすときは[指先や手・腕の操作性、関節の使い方]をねらいにしています。

 

 

 

《フープトンネル》
フープをトンネルにしてくぐります。
フープをくぐる時には、フープがどれぐらいの大きさなのか、どうすればくぐれるのか、頭を下げて通るのか、はいはいで通るのかなどを考え、体を動かして通ります。

 
自分の体をイメージする[ボディーイメージ]
体をコントロールする[身体コントロール]
空間を把握する力[空間把握]
自然に体を空間に合わせられる力[身体図式]などをねらいにしています。
大きいフープと小さいフープがありますが、小さいフープのトンネルをギリギリで通るのが流行っています(^-^)

IMG_0174

 

 

 

《ビーンズバッグ運び》
フープにネットをつけてビーンズバッグや風船などをのせ、友だちと一緒に運びます。

 
「何人で持つ?」「何個運ぶ?」など友だちと相談して運ぶので言葉のやりとり、相手とスピードを合わせる時などの他者意識などをねらいにしています。

IMG_0053IMG_0057

 

その他にも並べてジャンプをしたり、中に入りお友だちとつながって電車ごっこをしたり・・・などいろいろな活動をしています。
子どもたちからの提案もたくさんもあるので、それをどんどん取り入れています。
子どもの豊かな発想力や柔軟な思考から、遊具・教具のいろんな使い方、活動を繰り広げて楽しんでいます♪

IMG_0172

ふれあい遊び・回転イス。

2017年もスタートして、はや1か月が過ぎようとしています。
みつばちの子どもたちは今年も元気いっぱい身体を動かして遊んでいます♪
今回はムーブメントの中の『ふれあい遊び』と『回転イス』をご紹介します。

 

◎ふれあい遊び
午前クラスは、先生と2人で。午後クラスは、先生やお友だちと一緒に行います。

 

スペースマットを敷いてその上にゴロンと寝転んで始めます。
足裏、足首から頭まで少し力を入れて優しくにぎってマッサージしていきます。
ゆっくり、そして力を入れて握る。そうすることで、足・足首・ふくらはぎなど身体の細かい部分や末端を感じることができ、身体部位への意識も高まります。

 

そして、次は足を持って曲げ伸ばし。
両足同時に曲げてみたり、片足ずつ動かしてみたり、だんだんスピードをあげ自転車こぎのように動かすと、顔がほころんだり、口元がギュッとしまったり、表情も少しずつ変化してきます。
そんな様子を見ていると、身体と心が連動していることも感じます。

 

ほかにも、先生の指先で、とことこ足からおなか、脇や首までのぼり、最後に~・・・・
先:「こちょこちょ~☆」(笑) と、くすぐると
子:「きゃははは~☆☆☆」(爆) と、歓喜のような笑い声が響き渡ります。
もっとしてほしい‼!と言わんばかりに、わくわく感溢れる様子で待っている表情がとてもかわいいです♪

 

午後クラスではお友だちと、『ぎっこんばったん』をしたり、マットを体に巻き付けてコロコロ転がしたり、マットの上に乗りソリのように引っ張って、順番に役割交代をして楽しんでいます。
こうした活動の中でスキンシップをしながら他者意識を高め、信頼感、帰属意識につなげる工夫をたくさん取り入れてます。
もちろん身体づくりは欠かしません!!

IMG_9887IMG_9896IMG_9900

 

 

◎回転イス
れんらくノートなどで『回転イス』とお伝えしていますが、どんなことをしているのかを少しご紹介します。
くるくる回るイスに座り、先生が10回くるくる回します。(ひとりひとりに合わせた回転数があるのですが、この日は10回と決めて行いました。)
午前クラスでは座って10回回したり、部屋の端から端までビュ~~ン!と押して進んだりします。
座って回ることも多いですが、最近ではうつぶせに乗り、飛行機のように手を伸ばして回ったりしています。
午後クラスでは、自分で何回回るか、回すスピードはどうするか、自分で決めて先生に伝えます。
①10回回ったあと、②スペースマットで作った真っ直ぐの道を進み、③壁の的にビーンズバッグをくっつけに行く、といった活動をしました。
回転することで、前庭感覚に働きかけ、バランス感覚や平衡感覚が養われ、体の中心軸が整います。

IMG_9938IMG_9883IMG_9867

 

今回ご紹介した上記の内容
『ふれあい遊び』は、固有受容感覚・触覚
『回転イス』は、前庭感覚
と、それぞれ子どもの発達にとても大事な感覚機能に働きかけています。

 

このように、ひとつひとつの活動にねらいや目的を持って取り組むことを大切にしています。
これからも、他の活動も少しずつ紹介していきたいと思います♪

 

寒い日が続き、インフルエンザも流行ってきているそうです。
手洗い、うがいをしっかりして元気にみつばちに来てくれるのを待っています♪

しゃぼん玉。

11月になりました。
みつばちの子どもたちの服装が長袖になり、上着を着てくる姿がチラホラ・・・
段々寒くなってきましたね。

 

みつばちのムーブメントでは、
"たんぽぽ体操""サーキット""よーい、どん!"など
チャレンジ精神掻き立てるような、身体を大きく動かす活動の他に、
"お買い物ごっこ""フープでドライブ"など、
子どもの興味をそそるストーリー仕立ての活動などいろんなプログラムがあります。
今日は、ファンタジックで子どもたちが大好きな【しゃぼん玉】の様子を紹介します♪

 

「次はしゃぼん玉するよ~!」という先生からの声で子どもたちは大喜び(*^-^*)
先生がフ~っとしゃぼん玉をつくってみると・・・
「わぁ~!!」「はやくやりたい!!」わくわく♪
しゃぼん玉液の入ったカップと吹き口をもらうと・・・
「まってました!!」とばかりに、みんなフ~~~としゃぼん玉をつくります。

 

たくさんのしゃぼん玉が部屋いっぱいにとんでいる様をみて楽しむ子、
もっとたくさん作ろうとがんばる子、
とんでいるしゃぼん玉を追いかけ、手でパチン☆と楽しむ子、
ゆっくりゆっくり息を吹いておおきなしゃぼん玉をつくる先生の真似をして
ゆっくり息を吐きながらトライする子もいました。

img_9413img_9410

 

このしゃぼん玉遊びの活動では、
息を吐くこと、呼吸の使い方はもちろんのこと『吐く息の強さの調節』
ゆっくり舞うしゃぼん玉を目で追いかけて見る『追視』
カップを持っている手への意識『注意点の分散』
カップから液がこぼれないように傾きを調整している腕『固有覚』
しゃぼん玉を手でこわす時の『距離感』『目と手の協調運動』など
いろいろなねらいを持って取り組んでいます。

 

しゃぼん玉が終わると、濡れた床をみんなでおそうじ。
遊びっぱなしにならずに、遊んだ後の片づけも最後まで意識して取り組みます。

 

ぞうきんで床を拭きながら「ピカピカ~☆」と、俄然張り切ってお手伝いしてくれます♪

img_9416

実は、ぞうきんがけにも大切な要素がたくさん!!
『左右の感覚統合』『方向性』『体幹を鍛える』などなど・・・

日常で何気なくしている子どものお手伝いや遊びの中に、発達を促す要素を意識しながら
子どもと一緒に楽しく取り組むことが、とっても大切なんです。

 

 

 

私たちも、子どもたちの「楽しい♪」「おもしろそうだからやってみようかな」という気持ちを大切にしながらいろいろな活動に取り組んでいきたいと思います。

今回ご紹介しましたしゃぼん玉は、子どもも大人も一緒に楽しめます。
お家でもぜひ一緒に楽しんでみてください♪