カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

☆ペアレントトレーニング☆

早いもので2016年も、もう終わりに近づいています。
今年度も、ペアトレや交流会など保護者の方々との貴重な時間を頂けたことを感謝しております☆

 

今回はペアトレの、第3回目・第4回目・最終回(ABA基礎編)の様子をご紹介したいと思います!!

 

第3回(9/15)では、『家族で支え合う』をテーマに講義と実践をしました!!

はじめに自分の良いところ自己紹介!!我が子の自慢!!を小グループになり1人ずつ発表しました^^

自分の良いところ?に悩む方が多く、お子さんについても「直してほしいところがでてくるなー?」などグループの方々と楽しい雰囲気の中、日頃の親御さん自身やお子さんのことを一生懸命見つめられる時間でした。^^
その後、順番に良いところ自慢。それに対しグループ全員からそれぞれのコメントをもらう!!
共感された嬉しさや、褒められるときのくすぐったい気持ち、照れた表情など保護者の方々の楽し気な姿と、とても和やかな雰囲気でスタートしました。^^プチ交流会♪和気あいあいでした!!!

 

そして、前回の振り返りを少しして、宿題発表をしました!!
前回参加されていない方にも分かり易くもう一度説明を加え、たんぽぽでの事例を用いた解説からスタート!!

宿題の内容は・・「Let’s Try」

あんな時、こんな時、どんな時?
お子さんの行動や習慣で気になっていることに対し、「こんな風にしてるけど、なかなかうまくいかないな~」「どうやって関わってもしっくりこない」など、試みたけど上手くいかない対応をいくつか書きだしてもらい、今までと違う対応(これからやってみる方法)を考えていく、その時の子どもの様子も書きだしてもらう、といったシートの課題がありました!!

 

例えば(たんぽぽ事例)・・『自作のブロックや積み木を片づけたがらない』

<今までの方法【A】>
片づけを促す声掛け

<対応>
「おしまいだよ」「また作ろうね」片づけを促す声掛けだけした。

<子どもの様子>
作品をもってなかなか片づけられず、他児が片づけトラブルになる。切り替えもできない。

「Let’s Try」

<これからやってみる方法【B】>
写真にとって残す提案をしてみる(声掛けの内容の工夫)

<対応>
「写真にとって残しておこうか」「ここに飾って、次の時間にまた作ろう」など提案で促した。

<子どもの様子>
満足して終わることが出来、次の活動にもスムーズに参加できた。

といったように、子どもへの"対応や関わり方、声かけの工夫、目標設定の見直し"をして頂き、子どもたちへの目標設定の見直しをしていただきました!!

宿題発表での場面では、「【B】(これからやってみる方法)を実践したことで、子どもの達成感に繋がり自己肯定感が芽生えた」といった内容を、どういった形で実践され結果としてお子さんがどの様な行動になったかを具体的に発表してくださいました。

 

そして、今日の講義では
一生懸命はいいけれど、問題点ばかり気にしてしまうと、ご家族自身にストレスが溜まってきます。といった内容でした。

不適応行動の循環を確認していき、伝え方を工夫してみましょう!
そして自分自身に目を向け、自分自身の対処法も身に付けることを学びました。

最後にグループワーク!!
グループ1人が主役になり、その人のいま直面している『困りごと』『相談したいこと』を中心に、グループのみんなでアドバイスやどういった対応をしたらいいかを考えました!!

色々話し合う中で、「うちの子も同じ」と言う意見が出たり、実際にしている対応策を教えてくださったり、沢山の意見が出ました!!

そして話し合いが終わり、相談者の方に『これから取り組みたいこと』を発表していただきました!!
すると!!
始:『相談したいこと』で「私、子どものこういうところ何とかしたいんです☆」と、子どもが変わるためにどうすればよいかという具合。矢印は子どもに向いています。  しかし・・・⇒
終:『これから取り組みたいこと』では「私、子どもにこういう風なことしてみます♪」と、親御さん自身がお子さんに対して出来ることは?という具合。矢印は自分に向いています。
矢印の向きが変わる体験をしました!!!

この―ワークでは、子どもを矯正するのではなく、子どもの困り感を汲み取り、自分が出来る工夫を考える・環境調整の仕方を学びました。

 

 

 

 

第4回(11/22)では、『行動目標と実践』のテーマに沿った講義でした!!
まずは、ペアトレ第3回同様、我が子の自慢!!をしウォーミングアップをしました^^

そして、前回のおさらいをしてから宿題発表をしました!!

今回の宿題は、1人で悩まず得られる協力から、自分自身の対応方法も身に付ける!でした。
①子どもの行動 ⇒②親の願い ⇒④今している対応・関わり方
③子どもの思い
⑤他にできること
上記の項目が表になったシートに作成してもらう課題内容で、※得られる協力を考えてきていただくことが宿題でした!!

img_20161122_193307

例えば・・
①言われてもすぐに動かない ⇒②言われたことをすぐに行動に移してほしい ⇒④具体的なやり方を伝える。順番を決めてあげるなどなど
③行動に移したいけれどやり方がわからない。すぐに気持ちが切りかえれない
というところから、
⑤の他にできることや※得られる協力を考えていき、だれがどんな時、どんな方法で協力してくれるか?協力してもらいたいときはどんな時か?その時に一緒にしてもらえそうなことはあるか?などを考えていきました!!

 

その後は『行動目標について』の講義と実践をしました!!

ABC分析を行う前にも行動チェックが必要です!!

・好ましい行動

・好ましくない行動

・危険な行動

img_20161122_193427  img_20161122_193631

行動を3つに分けてみました。

 

 

最後に褒めるコツなどを紹介し、おうちでできるトレーニング例を紹介し終了となりました。

~トレーニング例~

☆数字遊び

数字をバラバラに大きさなども変えて1~30まで書いた紙を準備し、1から順に探してもらう!

dsc_3416  dsc_3415

数字の順列や洞察力が身に付きます!!

 

☆つまむ練習

お玉・トング・お箸などを使ってつまむ遊びです。

dsc_3400  dsc_3398  dsc_3397

出来るものからやらせてあげると達成感にも繋がり、つまむことから指先の刺激運動にもなります!!

 

 

 

そして今回は最後にスペシャル講義がありました!!!^^

ABA(応用行動分析)基礎編のおさらいをし、基本原理を見直しました!!

講義の内容のポイント部分を少し書かせていただきます!

 

 

・行動目標をひとつ決める
1.日常生活ですぐに役立つもの 2.同年齢の集団に参加することを助けるもの 3.将来の自立に結びつくもの 4.指導者や保護者が実行可能なもの

 

・行動分析導入の心得
①原因を理解、特定すること(観察・記録・分析)
②適切な手法を知り手法を使って実践すること
③その手法を一貫性をもって実施し続けること、とあります!!
準備(観察・記録・分析)→実践→持続が大切!!

 

・行動記録を書くときには「~しない」と言う書き方ではなく、何をしているのか観察し具体的に書くことが大切です!!
4w1Hを使いWhy?は使いません。主観が入ったり、勝手な解釈に繋がってしまうからです。

 

・行動分析4欲求
行動はきっかけ(理由)があって起こるもの。でたらめに起こっているのではありません。

 

・応用行動分析の基本原理
基本原理を使って、行動を減らしたり増やしたりするコツを学びました。

 

・褒めポイント、褒めるタイミング、経過を褒めることも大切!!などなど

他にも分析の仕方、分化強化の使い方、注意点など盛沢山の内容でした。

 

dscf0685  dscf0684

 

 

また、来年度のペアトレも決まっておりますので、是非ご参加ください!!お待ちしております。

長文になりましたが、読んでいただきありがとうございました^^

 

最後になりましたが、
本年も保護者の皆様には色々な面でご理解と多大なご協力を頂きありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願い致します。

良いお年をお迎えくださいー☆

 

新規利用可能です

現在たんぽぽでは、平日午後クラスに空きがございます。

月曜日~金曜日:各2名

 

随時、見学・面談を行っておりますのでご希望の方はお問い合わせください。

たんぽぽ夏祭りのお知らせ

7月も中旬、梅雨明けもそろそろでしょうか。

 

☺親子参加のイベントのお知らせです☺

事業所にてプリントを配布させていただいておりますので、ご存じの方も多いとは存じますが…

✨たんぽぽ、たんぽぽとみつばち、たんぽぽAi、3事業所合同の夏祭りを開催しま~す(*^_^*)✨

 

8月10日(水)

スワンホール3階 多目的ホール(伊丹市昆陽池2丁目1番地)

午前の部 10時30分~12時  ※受付時間は10時15分~11時15分

午後の部 14時~15時30分  ※受付時間は13時45分~14時45分

 

3事業所合同ということもあり、参加する子どもたちも2歳~小学校高学年と幅広い年齢層です。

たんぽぽに通っている子だけでなく、ご兄弟も一緒に参加してほしい!と思います。

大きい子も、小さい子も、みんなが楽しく触れ合える場になればいいなぁ(*´▽`*)

 

 

気になる夏祭りの内容ですが、宝探しやさかな釣り、夏祭り工作もありますよ✨

他にもありますが、それは来てのお楽しみ❤ということで(*^-^*)

 

親子参加イベントということもあり、お父さん、お母さんたちもお子さんと共に楽しんでいただきたい!

特に、宝探しは親御さんの協力なしでは成り立ちません!

ぜひ、お子さんと力を合わせて、宝を手にしてくださいね( *´艸`)

 

 

会場となるスワンホールは、伊丹市の昆陽池公園の南の端にある施設です。

会場の近くには昆虫館もあります。

夏祭りのついでに昆陽池散策も楽しいかもしれませんね。

 

 

まだ夏祭りのお知らせをお渡しできていない方もいっらしゃいます。

7月15日までに申込書の提出をお願いしていますが、間に合わない場合はお電話での申し込みも受け付けております。

 

一緒に楽しい時間を過ごしましょう♪

ぜひ、ご参加くださ~い!

 

 

防火訓練

梅雨に入り、ジメジメした日が続きますね。
こども療育センターでは、伊丹市東消防署 神津出張所の方にご協力頂き、3事業所合同での防火訓練を行いました。
みつばちにて「通報訓練」「誘導訓練」、神津出張所へ移動し「消化訓練」を行いました。
DSCF5958 DSCF5963
確認事項などの説明を受け、実際に火の元発見から避難までを訓練しました。

 

 

 

DSCF5964 DSCF5965 DSCF5966 DSCF5967
そして、シーツを使って煙の動きについて説明していただきました。
風がない場所では煙は垂直に上がり、天井に当たると横へ移動する。
そのまま下へゆっくり降りて来る。
逃げる時にはハンカチや手または着ている服で口を押さえ、身体を低くして移動する。

 

シーツの代わりにパラシュートを使って、子どもたちにくぐってもらうなど、ムーブメントの中に取り入れたいと思いました!

 

 

 

DSCF5970 DSCF5972
DSCF5973 DSCF5974
DSCF5977 DSCF5982

その後、神津出張所へ移動し消火訓練を行いました。消火器が進化していたり、定期的に訓練することの大切さを実感した訓練でした。

 

 

今後もこども療育センター内でしっかりと対策し、定期的に確認していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規ご利用者様募集

新年度を迎え、たんぽぽからたんぽぽAiへ進級したお友だちが多数のなか、
現在若干名の空きがございます。
ご利用をお考えの方は、ぜひお問い合わせください。
通所を迷われている方や、複数事業所見学ご希望の方、どなたでも
ご遠慮なくお声かけください。相談のみでもけっこうです。

 

 

たんぽぽAi、たんぽぽ、たんぽぽとみつばち、3事業所とも
新規ご利用者様募集しております。
(*たんぽぽの午前、個別親子指導は満員です。ご了承ください。)

 

みつばち1周年

『たんぽぽとみつばち』が、無事に1周年を迎えることができました。
開所からのこの一年間たくさんの子どもの笑顔と、保護者の皆様の多大なご協力と温かい想いに支えていただきましたおかげで、素敵な『みつばち』となりました。また、スタッフも大きく成長させていただきました。心から感謝しております。本当にありがとうございました。
これからも質にこだわった療育と、心通わせあえる関係づくりにさらに力を注いでまいりますので、変わらず温かく見守ってくださいますよう、どうぞよろしくお願い致します。   理事長 山路純

3月茶話会

 

3月7日(土)に、神津センターでたんぽぽとみつばち合同の茶話会が行われ、足場の悪い中でしたが、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。

 

今回の茶話会には、講師として辻井 正さんをお招きして、とても貴重なお話を伺うことができました。

963

主なタイトルとして「発達障がい児の遊びを通して適切な介入を早くしてあげる」というもので、子どもの発達の知識をしっかりと学び、世間の誤解や偏見を気にせずに、確かな発達スキルを身につけて子どもを支援してあげることが大切ということでした。

 

講義の始まりは頭の中や、体の仕組みなど、少し難しいところからでしたが、時にお母さんたちとやりとりを交え実践してくださったりととても分かりやすくお話しをしてくださいました。

 

977

 

 

子どもの発達的なつまずきは遊びの中から観察することが必要であり又、子どが変わるのは集団生活と遊びの支援だとおっしゃっておられました。

10521055

その為にもっとも大切な事は、目を見て話す(アイコンタクト)ことだそうです。

まずは、アイコンタクトや呼びかけを少し大げさに見せることで、これから何かが始まる!とひきつけていく事。

実際子どもたちと関わる時間のある私たち職員にに向けても具体的な支援の仕方を教えてくださいました。

 

 

 

例えば、片付けられない子どもがいたとして、子どもの内面的な気持ちを分かろうとするのではなくて具体的な片付け方を教えていくということ。

 

初めからすべて片付けるようにするのではなく、一緒に片付けていきます。

そこでまず、子どもの目をしっかり見て、引き付けてからゆっくり視線をおもちゃに移す事で、自然に子どもの目もおもちゃに移ります。

視線が移った所で片付けていくのですが、2つ3つはこちらが片付けても、最後の1つは片付けてもらうという所から、徐々に片付けられるようにしていきましょう!と。

 

これはたんぽぽでも実際に行っており、最初は1つしか片付けられない子どもでも、自分で片付けるようになっていきます。

小さな積み重ねがとても大事なのですね。

 

 

 

最後に、現場で実際に教具を使用している私たち職員に向けても、具体的な支援の仕方を教えてくださいました。

このブログ内でも紹介させて頂きましたが、発達教育セラピー教具を取り入れた療育をたんぽぽでも行っており、上記の写真にもあるように、全て違う種類の鍵がついてる箱や、枠組みのないパズルなど…

子どもたちは、目をキラキラ輝かせながらおもちゃを手に取り楽しんでいます。

 

沢山の教具の中からいくつか、その理論と使い方を教えていただきました。

10271012

 

たんぽぽにもみつばちにも様々な教具があります。それぞれたくさんの遊び方、扱い方があり勉強会も行いましたが、また新たな考え方や子どもへの接し方を学ぶ事ができました。

おうちにあるおもちゃだけではなく、こういった教具のまたちがった楽しみ方を知ることが出来るいい機会になったのではないでしょうか(*^_^*)♪

 

先生のお話に聞き入っているうちに、あっという間に時間が過ぎていき、まだまだたくさんお話を伺いたいほどでした!限られた時間でのお話ではありましたが、内容の濃い貴重な時間でした。

 

これからも職員一同、子どもたちのつまずきにしっかりと目を向けてサポートしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^^)

新規利用可能です

たんぽぽとみつばちの午前クラス、たんぽぽの午前クラス
共に4月からのご利用が可能となっております。

随時、見学・面談行っておりますのでご希望の方はお問い合わせください。

ごあいさつ

今年も一年、子どもたちとの楽しい日々をたくさん過ごさせて頂きました♪
また、保護者の皆さんにも心温かいご支援とご協力を賜りましたこと心よりお礼申し上げます。
いつも暖かく見守ってくださり、ありがとうございました。

 

今年も子どもの秘めたパワーや、絶大なる可能性をしみじみと肌で感じさせてもらえたことに
感謝しております。
子どもの日々成長する姿を、親御さんと共に喜び合えた一年だったと思っています。

 

たんぽぽを通してご縁させていただいた皆さん、今年同様来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお過ごしください。

 

たんぽぽのお友だち!また来年ニコニコ元気な笑顔で会いましょう!!

 

sumi 理事長 山路 純(やまじ すみ)

 

職員募集します。

たんぽぽ、たんぽぽとみつばちでは、常に子どもたちの気持ちに寄り添うことを大切にし療育の質にもこだわっています。日々職員同士で療育のあり方を考え、学びを得ることにも努めております。そして、子どもと担当指導員が1対1での対応をしているためご利用状況が120%のいま、指導員不足に悩んでいます。そこで、このたび新規職員さんを募ることと致しました。
子ども好きの方、子どもの未来を一緒に考えてくださる方、ご一緒にお仕事しませんか?
【採用条件】
・週3日程度、1日4時間~(午後から勤務。18時まで。)
*業務に慣れていただければ、勤務時間は増やせます。社員登用あり。
・時給:850円~(昇給あり、経験者優遇)
・資格要件:普通自動車免許(運転業務あり)
その他保育士、社会福祉士、介護福祉士等
*療育に関連のある資格をお持ちの方、または資格をお持ちでない場合は経験のある方も対象。

 
面接ご希望の方、まずはお電話ください。お待ちしております。