タオルでできること

 

もう12月ですね…。1年が早いです(-_-)

お鍋がおいしい季節です( *´艸`)

身体を温かくして、元気に過ごしていきたいですね!

 

さて今日はタイトルにある通り、タオルでどんな家庭療育ができるのかを紹介したいと思います。

 

その①:タオルブンブン回し

DSC06289   DSC06287

手にタオルを持ってブンブン回しましょう!

手が足と違う点は可動域が大きいこと。

しかし子どもたちの多くは、動きが小さく、関節を上手く動かせていません。

まずは大きな関節、肩を使って大きく円を描くこと。

それができたら、次は手首を使って回す。

小学校へ行くと体育の授業で必ずやる縄跳び。

これって手首で回しますよね。

 

その②:なべなべ底抜け♪

DSC06295   DSC06296

これも肩の関節動かしていますよね!

そして相手の引きでタオルが手から離れないようしっかり握ることも必要です。

相手と息を合わす協調性ももちろん必要です。

なによりこの動きは、身体をねじったりひねったりすることで、交差の動きが入ります。

そして、見えない背面を感じ取ることもできます。

アレンジして足バージョンも(*^▽^*)

DSC06302  DSC06303  DSC06304

 

その③:タオル綱引き

DSC06291  DSC06292

こちらはタオルを強く握る力、そして背筋力が必要です。

背筋力は上半身の力を引き出す源となります。

しっかり引くためには、片足を引いて、タオルを握る手の位置もポイントですよね!

踏ん張る力をつけて身体の軸や体幹を育てます。

おへその前で両手で握ることもとっても大事なんですよ。

 

その④:バスタオルハンモック

DSC06327   DSC06312

タオルの肌触りも気持ちいいし、それに包まれゆらゆら…

リラックスタイムです。

これも前庭感覚に働きかけるとてもいい遊びです。

浮き上がるとビックリして降りようとするお子さんもいるので、

「上がるよ~」など、声をかて様子を見ながら少しずつ上げてあげてください。

揺らし方も縦横グルっと、速くゆっくりなどいろんな工夫を入れてみます。

ほとんどの子が、「速くして」など注文が入ります。

そしてゲラゲラ笑いだす子もいたり…

くれぐれも安全に配慮して行ってください(^^)/

 

その⑤:しっぽ取り(番外編)

DSC06249   DSC06248

まずお尻にしっぽをつけます。

しっぽを取られないよう小さいしっぽに工夫する子も!

DSC06257

よーいどん!

でお友だちや先生のしっぽを取ります。

背中を見せないように、相手の動きを読みながら…

頭と身体を同時に使って楽しめます(^^)/

これは家庭で行う時には、ハイハイでするなど工夫が必要ですが、公園など広い場所でやってみてください!

 

その⑥:お片付け

DSC06259   DSC06261

使ったタオルは畳んでお片付け。

目と手が協力して綺麗に畳めました(^^♪

折り紙の練習にもなりますね!

 

 

いかがでしたか??

タオル1本でこんなにたくさんの療育的な遊びができるんです!

他にも色々な遊び方ができると思います。

遊びに少しの工夫を加えるだけで十分!

親子で色々試してみてください(*^▽^*)

 

投稿者:西見

 

 

 

 

 

ムーブメント・ハロウィンバージョン

日本列島を台風が次から次へと通り過ぎ、また寒さも連れて来た今日この頃ですが、体調など崩されていないでしょうか・・・。

そんな変化の絶えない気候の中ですが、たんぽぽのお友だちは、先週からのハロウィン週間で、荒れた空模様を吹き飛ばすぐらい元気いっぱいでした。ハロウィンバージョンムーブメントに取り組む様子を紹介します。

DSC05455 DSC05465 DSC05469

自分たちで作り上げた魔法使いの服に身を包み、魔法のステッキで、床に散りばめられた大小色様々(中には引っ付かない☆もある。)な星を、中腰の姿勢で集中して拾い上げ、床の星がなくなると、「全部取ったで!」と下から上を見上げ、話す顔は、満面の笑顔♪♪♪  皆が共にする空間でひと時の楽しい時間を過ごしました。(^^♪

 

投稿者:塩谷

 

 

 

 

子どもたちが大根(??)・・ぬ、ぬけない!!!

運動会も終わり、急に涼しくなり一気に秋…冬?…を感じる季節となりました。

運動会での頑張りや活躍を、子どもたちや保護者の方々からお聞きすることで、子どもたちの素晴らしい成長を共に感じることができとても嬉しく思います^^

 

 

 

今日はとある日の「大根抜き」遊び!!をご紹介いたします!!

 

 

 

子どもたちが立派な立派な大根(擬態)になり、先生たちに抜かれないようにと頑張ります!!!

 

 

握る力や踏ん張る力、身体の力をコントロールしながら・・

DSC04623

 

引っぱられても・・踏ん張って・・

 

DSC04620

 

先生たちも・・「うんとこしょ!どっこいしょ!!」

 

DSC04629

 

それでも抜けない子どもたちでした!!先生たちは収穫失敗^^:

 

 

お友だちを近くに感じることもでき、みんなで抜かれないようにと途中からひとつになる空間もあり、最後はみんなで「(抜かれなくて)やったー!!」と大喜びの子ども達でした^^

 

 

 

 

 

 

工作は、ミノムシ制作をご紹介します!!

 

最近あまり見かけないミノムシですが・・虫好きの子どもたちは興味津々!!みんなそれぞれに素敵な服を着せてあげることができました^^

 

 

指先を使い、好きな色の画用紙をちぎって・・

DSC05062  DSC05063

のりでペタペタ貼って・・

DSC05118

のりを先に画用紙に塗ってあとからちぎった色紙を貼る子、ちぎった色紙一枚一枚にのりを塗って貼る子、それぞれ自分の工夫を考え貼り付けていました。

 

DSC05122  DSC05121

 

そして、よりカラフルにしたい子は、色も塗って・・・完成です!!

 

DSC05119

 

たんぽぽに可愛いミノムシがたくさん出来上がりました^^

 

投稿者:栗山

 

 

くもの巣をまたぐ・くぐる

 

ゴムひものくもの巣を使ったムーブメントの様子を紹介します☆

 

 

はじめに、くもの巣の端をみんなで持ちます。

 

ビヨ~ンと伸ばして広がったり、緩めて真ん中に集まったり、

タイミングを合わせてゴムひもの伸び縮みを楽しみます(^^)

 

DSC04126

 

 

 

 

今度は、ゴムひもを握ったまま座ります。

 

DSC04129

 

 

ゴムひもをまたいで、「〇〇ちゃんと〇〇先生の間」と、指定されたところまで歩いていきます。

 

指定された場所に着いたら、再びゴムひもをまたいで先程居た自分の場所に戻ります。

 

ひとりずつ順番に行くので、順番を待つお友だちはゴムひもをしっかり握って伸ばし、お友だちの応援!

 

 

 

順番が決まったら、スタート!

足元をよく意識して、引っかからないように歩きます。

 

DSC04132

 

 

指定された場所に行くために、次はどの穴に足を入れるのか、

しっかり見ながら考えてまたぎます。

DSC04136

 

 

またぐときに片足立ちになるので、バランス力が必要です。

DSC04131

 

 

 

楽しそうだけど、一人では不安・・・というお友だちは、先生と手を繋いで♪

 

DSC04138

 

みんなから「すごい!」「よく見れてるね!」と言われると、とってもいい笑顔に(*^▽^*)

何度か繰り返すうちに、「できるんだ!」「楽しい!」ということがわかると、

積極的に一人でも行けるようになりました☆

 

 

 

順番を待つときは、しっかりゴムひもを握って、

お友だちの動きを目で追ったり、「頑張れ!」と応援してくれていました♪

握力・順番を待つこと・協調性・他者意識などが高まります。

DSC04147

 

 

 

次は、くもの巣の下をくぐります。

 

はじめはくもの巣に引っかかったり身体が当たっていた子も、身体が当たらないようにくぐるにはどれくらい身体をかがめればいいのか、頭を下げればいいのかなどが、段々わかってきます。

 

ボディイメージや空間把握力を高めます。

 

DSC04160DSC04151

 

 

くもの巣がどんどん低くなっても、こんなに小さくなってくぐれました!

DSC04162DSC04152

 

 

 

自分の思い通りに身体を動かすためには、ボディイメージを高めることが必要です。

 

ボディイメージが未熟だと、物や人によくぶつかったり、転びやすかったり、身体の動きがぎこちなかったりします。

 

自分の身体の大きさや手足の長さがどれくらいなのか、どれくらい曲げ伸ばしができるのかなどを知ることで、ぶつかる・転ぶようなことが少なくなったり、身体の動かし方がわかるようになりぎこちなさが軽減します。

 

またぐ・くぐるという活動は、自分の身体を意識する・ボディイメージを高めるためにとっても大切です☆

 

子どもたちが楽しみながら、できた!をたくさん経験できるよう、職員も一緒に楽しんで活動しています(*^^*)

 

投稿:上田

 

 

手指が動くって?

 

今日は幼児の手先の発達についてたんぽぽではどんな取り組みをしているかをお伝えしていこうと

思います。

手先が器用に動くためには 肩→肘→手首→指の順番で発達していくと言われています。

まず肩の動きを大きく回す動作にフープ―を使ってのたんぽぽ体操があります。

未発達の間は肩を回す事が小さく(可動域が狭い)ので円を描く様にフープを回すのは難しく

最初は回すって?大きくって?と子どもたちの頭の中はハテナ(?_?)?でいっぱいです。

フープを身体の前で小さく動かすだけになったり、体にくぐらせて回そうとしたり、左右や上下の単純な動きになりがちです。

模倣を繰り返すうちに肩が大きく動く様になり、腕や手首の捻りもできるようになり、下半身では膝の曲げ伸ばしもできるようになりました。

 

そして両手を使ってフープをえいっ!コロコロと見事に左右両手を使って転がす事も\(^o^)/

 

DSC02811   DSC04013          DSC03969

私たち人間は道具を使う事で手の機能をより高めていく事ができます。

指先を使い洗濯バサミを取ったりつけたりする作業でも初めは、力づくで引っ張り取ろうとしたりしてしまいます。

親指と人差指で挟むのは指先の巧緻性を必要とします。

動物の顔の周りに洗濯バサミをつけてライオンの出来上がり!次は何の動物ができるかな?(^▽^)/

DSC03971     DSC03973

あれ?うちの子お箸が…ハサミが…上手く持てない。と思われた時そこだけに目を向けるのではなく

肩、肘、手首はどんな動きをしているかなと観察してあげるのも一つの方法だと思います。

私たち療育者も子どもに関わる時に大きな視野を持ちアプローチしていく事を大切にして行っています。

 

書込み者:安宅(atake)

 

 

 

 

 

ワーキングメモリ

7月の支援会議でワーキングメモリとは?

というのを実践を踏まえてやりました。

 

ちなみに“ワーキングメモリ”とは、今自分がしていることを中断して他の作業を行い、終わってから再び元のしていたことに戻ること。

 

“ワーキングメモリを使う”とは、何かを記憶したり、行ったりした後に、余計なこと、別のことをして、また思い出すことです。

 

実践ではこんなことをやりました。お時間ありましたらぜひやってみてください。

まず、ばら ひかり 背中 まぐろ メガネ の5つの単語を1分見て記憶します。

その後、野菜の名前を10個書きます。 さらに昨日食べた夜ご飯を書きます。

どんな野菜を書きましたか? 珍しい野菜書いた人はいませんか?

など少し会話があり、始めに記憶した5つの単語を思い出しました。

どうでしょうか? 5つ言えたでしょうか?

 

このワーキングメモリを使う遊びをどのように普段の遊びに取り入れるか…

 

ムーブメントではこんなやり方で遊んでみました。

まずスタート位置で先生から1~3個の単語を聞き、記憶します。

子どもに合わせて、1個の子はりんごのような馴染みある単語。

2個の子は阪急、JRのようにその子が得意なものを入れてみたり…。

3個の子は、歯ブラシ、コップ、タオルなど関連しているもの、さらに難しくても大丈夫な子には、カニ、すいか、金魚すくい などバラバラな単語を。

記憶できたらスタートです。

まずはでこぼこ道を渡り…      先生と勝つまでじゃんけん…

DSC03513        DSC03510

片足立ち10秒…

DSC03517

さらに先生から「好きな〇〇は何ですか?」の質問に答え…

DSC03516

ケンケンパッで戻ってきます。

 

DSC03515

 

スタート位置まで戻ってきたら、記憶した単語を先生と確認します。

 

ポイントはその子それぞれに合わせて、簡単過ぎず、難し過ぎないこと。

なので1回目の結果を見て、2回目、3回目では記憶する数を足し引きしなくてはなりません。

そして記憶できなくても、ヒントを出したり、もう一度聞きに戻ってもいいことを伝えます。

間違っていても、「頑張ったね」と伝えます。

そして3個記憶したけど1個抜けてしまった子には何番目に伝えた単語が抜け落ちたか…なども見極めます。

 

時々このようなワーキングメモリを鍛える内容のムーブメントをやっています。

記憶した後にどんなことをするかによっても結果が変わりました。

例えば、前は2つ記憶できていた子でも、バランスに課題があり片足立ちのところで頑張り過ぎて1つしか記憶できなかった子もいました。

 

ワーキングメモリは私たちの日常生活や学習の基盤になっています。

今、テレビや書籍でもワーキングメモリを鍛える方法、脳トレなど色々情報は手に入りますよね。

でも意外にも、運動をすることもワーキングメモリを鍛えるためには重要なのです。

運動と言ってもハードなものではなく“たくさん歩くこと”でいいのです。

とは言え、今年の夏は特に暑いので、たくさん歩いたら倒れてしまいそうです(>_<)

プールなら行けるかな??

親子で脳の活性化、家族の健康維持で運動しましょう!

 

 

明日から…(#^^#)

 

 

書込み者:西見(nishimi)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やって来たよ。新教具!

早くも上半期突入!

真夏を迎えるその前に体調を整え、夏を乗り切っていきたいものですね。

さて、この度たんぽぽに*でこぼこみち*と言う名の新しい教具が入ってきました。

軽くて丈夫! 微妙な高低差も自由に作れ、形もいろいろに繋ぎ合わせられる優れもの。

子どもたちはもちろん、職員もワクワク。

 

DSC02871

どうやって使うかの説明にも、興味深々で耳を傾ける子どもたち。

DSC02896

ドキドキゆっくり確かめて( ^ω^)・・・

DSC02887

ひと踏み、ひと踏み、ゆっくり前進しています!(*^-^*)

 

 

足の裏から伝わる初めての感触や、凸凹したビミョーな高さの違いを、上手にバランスをとりながら歩く難しさを体験しました。

 

初めての教具を見る子どもの眼は、いつも期待に満ちた輝きがあります。
そして、新しい物を使って初めてのことにチャレンジする意欲も満点☆
そんな活気あふれる子どもたちと、今回は*でこぼこみち*を楽しみました。

 

 

 

 

まねっこ遊び☆

 

最近、たんぽぽでしているまねっこ遊びの様子を紹介します☆

 

スペースマットを2列に並べて、赤チームと青チームにわかれます。

 

それぞれスタート位置に立ち、行きは青の人が赤の人の真似をしながら壁まで進みます。

 

壁から戻るときは、赤の人が青の人の真似をして進みます。

 

DSC01608

 

お友だちが片手をあげているのをしっかり見れています!

 

 

 

腕を後ろで組んでケンケンしてみたり・・・

 

DSC01609

 

 

腕を交差させてゆーっくり歩いたり、

 

DSC01613

 

 

大股で歩いてみたり、高ばいで進んだり、

いろんな動作を考えながら進みます。

 

DSC01948DSC01949

 

お友だちや先生が、自分のことを見て真似してくれるのって、嬉しくて楽しい(*^-^*)

お友だち同士笑顔で顔を見合わせながら、上手にまねっこ出来ていました!

 

 

 

 

 

うしろで待っているお友だちも、みんながどんな動きをするのか興味津々!

待っている間に、お友だちを応援したり、自分のときはどんな動きをしようかな?と考えています。

DSC01940

 

 

こんなに面白いポーズも!

DSC01490

 

手首や肘など、関節がどう曲がっているのかをよく見て同じように動かしたり、

急に止まったり動いたりする相手のペースに合わせたり、

この遊びには、他者意識や見る力、模倣、ボディイメージ・ボディコントロールを高めるといったねらいがあります。

 

 

 

 

 

 

工作は、梅雨の季節なのでカタツムリを作りました☆

 

紙皿の穴に、毛糸を通して・・・

 

DSC02146DSC02147

 

 

お皿に模様を描いて、画用紙にカタツムリの顔を描いて、ツノをつけて、

お皿とからだを貼りつけたら・・・

DSC02325

 

 

完成~!!

DSC02324

 

 

それぞれいろんなお顔のカタツムリができました(^^)

 

DSC02328 DSC02361

 

☆活動の様子☆

暖かな気候が続いている今日この頃。新年度がスタートしてはや1ヶ月。
楽しかったゴールデンウィークも終わり少し疲れが出てくる頃かもしれません。
たんぽぽでも体調管理に注意しながら、楽しく過ごしていきたいと思います!!

 

さて、今回は最近のムーブメントの様子と今月前半の工作を紹介したいと思います^^

 

4月から新しいお友だちが増え、年齢層も下がりました。活動もまず1人からできることを取り入れることが増えています。そこから、帰属意識や他者意識を持って取り組める、2人から複数への活動へ変化させ、無理なく集団への参加に繋げています!!

 

年長さんが多いクラスでは、一緒に取り組む楽しさや、相手と協力する意識が高まる活動をしました!!

【だるまさんがころんだ】なのですが・・・
ムーブメント活動ですので、たんぽぽでは馴染みのある普段の遊び方にひと工夫加え"数人で一つのボールを運びながら"鬼役の子にタッチしに行くという活動です。

『手元への意識+鬼役の子への意識』が必要で、さらに『みんなと息を合わせる』という難易度の高い活動でした。が、みんなで協力して上手に運ぶことができました^^

 

DSC01433

 

そして、鬼役のお友だちのところまで、落とさず運び・・「タッチ―!!」

 

DSC01435

寸前でもちゃんと止まっているところがすごいです!!!^^

 

 

 

 

そして年少・年中児さんが多いクラスも負けてはいません!!

 

 

風船運びの活動では、お友だちと協力し、進むスピードを合わせて風船を落とさないように運びました!!

DSC01549  DSC01544

手と目の協応や、スピード調整、持つ力の加減にも繋がります。

 

DSC01548

相手と合わせることはなかなか難しいことですが、集中して最後まで運ぶことができました!!!

子どもたちの達成感となり、みんなニコニコ楽しんでくれていました^^

 

 

 

 

 

工作では、こどもの日の”鯉のぼり制作”をしました!!

まずは1週目・・折り紙で鯉のぼりづくり!!
①折り紙を折り、しっぽのところを切る!!②目を描いて貼り、③マスキングテープで模様付け。

 

ハサミで切る部分は1か所ですが、二枚重ねて切るのが難しかったり、線通りに切れなかったり、
ですが、ほんの少しのサポートで自分たちで作ることができました!!
マスキングテープもちぎるには、指の操作性と力の加減が必要になってきます。
1人1人にあったサポートで、みんな個性豊かな鯉のぼりができました!!

 

DSC01416  DSC01414

 

2週目は・・折り紙でかぶとを折り、リボンにつけて完成させました^^

 

かぶとを折る時も、声掛けをしてもらいながら折り方を見て手順通りに1人で折る子や、片方だけ折ってもらい、もう片方を真似て折りながら作る子、折った部分にアイロンをしながら先生と一緒に作る子と様々でした!!

最後に、自分たちで鯉のぼりとかぶとをリボンにつけ完成です!!

 

DSC01460

鯉のぼりの壁面と「ハイチーズ!!」

みんなの可愛い鯉のぼりたちが沢山出来上がりました^^

 

 

 

 

 

 

嬉しくもあり…寂しくもあり…

3月になり、ホワイトボードに貼っている季節のカードも“はる”になりました。

日中は暖かい日も増えてきましたが、まだ朝と夕方は寒いですね…。

そんな中、無事に卒園式を迎え、胸に花の飾りをつけてたんぽぽに来てくれる子も(*’▽’)

なんだかお兄さんに見え、嬉しくもあり、寂しくもあります。

 

4月から始まったこのメンバーでのムーブメントも残りわずかです…。

この日は、昔流行った“ツイスターゲーム”のように指示された色に手や足を置きます。

DSC00589

この写真は“手は緑、足は青”ですね(*^-^*)

慣れてきたら指示を複雑に…

DSC00593

“右手はピンク、左手黄色、足は赤”

 

こうして普段しない体勢をすることでボディイメージづくりができます。

 

 

そしてまたある日はしっぽ取り鬼ごっこです(*’▽’)

事前にルールを確認、「ルールは1つだけ、ハイハイでします!」

先生「たんぽぽのお部屋狭いよね?この人数で走ったらどうなる?」

子ども「ぶつかる」「こけてイタイイタイなる」

先生「なので走らずハイハイします」

DSC00820 DSC00821

では「よーい、スカート」 ドテ

今度こそ「よーい、スケート」 も~(;´Д`)

「よーい、スタート」

 

ちょっとフェイントをするだけで、賑やかなたんぽぽが静まり返るくらい集中して耳を傾けてくれます。

そしてハイハイの動きは手のひら全体で体を支えていることがポイントです。

指先が丸くなっていると、手のひらが浮き手首で体重を支えてしまいます。

何気ないハイハイですが、手のひら全体を使うことは、手先の器用さの基本なのです。

DSC00827

「はい、ストップ」「たくさんしっぽ取ったね^_^」

 

自由遊びの時間では…

やはり人気なのは電車

 

DSC00734

こうしてつなげて…

走らせるのか…

と思ったら…

これはゴジラだそうです。

ゴジラのしっぽのようで、前の緑と赤の車で先生と戦いごっこ!

こうしておもちゃを介してお互いセリフをつけてやりとり遊びをします。

お友だちがいる時は橋渡しして、やりとりにつなげます。

直接的に話すことに自信が持てるよう、こうしておもちゃを介して会話する機会は

とっても貴重です(*´▽`*)

 

そしてこちらは完成した橋にご満悦☆

DSC00739

子ども「ねぇ先生、橋作るから手伝って」

先生「先生今ビル作ってるからイヤ~」

子ども「じゃ10秒でビル壊すよ」

先生「イヤ~、壊さないで、まだ完成してない」

子ども「わかった!!じゃ20秒ね^_^」

おっと+10秒の猶予が与えられたが… まだここは折れないぞ… 心を鬼にして

先生「ビルが完成したら橋手伝うから待っててよ~」

子ども「わかった、じゃやっとくね」

ニッコリで納得してくれました。

 

大人が子どもと遊ぶ時、つい子どものペースに合わせてあげてしまいがちです。

しかし子ども同士で遊ぶ時、相手はそんなに思い通りに言うことを聞いてくれるでしょうか??

小学校へ行くと、今よりずっと子どもだけの世界がグングン広がっていきます。

親は家で子どもを見送り、迎えます。

本当に子ども同士で遊べるようになるために、大人も子ども役となり気持ちを伝え、譲り合いながら誰とでも気持ちよく遊べるようにしてあげたいですよね^_^

 

「さようなら」の挨拶が終わり帰る用意ができると…

DSC00741

お母さんのお迎えを待っている間、最近流行っているのがドッチボール

子どもたち曰く、“顔面はセーフ”らしいです。

そんなルールあったな…と子ども時代を思い出しました(*^-^*)

自然と2人で遊んでいて、こんな時大人の仕事は見守りです。

見守りが増えると、これまた嬉しくもあり、寂しくもあり…

これが成長なのでしょうね(*^^*)